体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界で一番可愛かったはずの生後三ヶ月の我が子、今写真で見るとそうでもない!の現象に思うこと by 斗比主閲子

f:id:akasuguedi:20160930121200j:plain f:id:akasuguedi:20160928100745p:plain

こんにちは、斗比主閲子です。

今はいい時代になりまして、わざわざアルバムにまとめなくても、子どもの写真や動画をデジタルで簡単に見直せるようになっていますよね。

我が家では、子どもの写真はすべてWebサービスにアップロードしていて、自分たちはもちろん親もいつでも見られるようにしています。インターネットさえ繋がっていれば、スマホやPCでいつでも子どもの写真をチェックできる。

それで、ふと、子どもの写真を見ていたら、生後三ヶ月ぐらいの頃の我が子が思っていたほど可愛くなかったことに気付きました。 前回のエピソード:出産ハイも、流行り廃れの影響も受けづらい?後悔しない名付け、我が家の場合

私の中では世界で一番可愛かった

この思っていたほど可愛くないなというのは、誰かと比較してどうだとか、そういうことではなくて、自分の中での当時の記憶と比較してのものです。

産まれてきてしばらくしてから、私の頭の中では「この子は世界で一番可愛い!」と思うようになりました。

自分の親にも義理の両親にもパートナーにも「この子はこんなに可愛くていいのだろうか」「周りから嫉妬を買うかもしれないから気をつけたほうがいい」と何度も何度も繰り返し言い続けていたために、最後は呆れ果てられたことを覚えています。

実際私の中では、確実に世界で一番可愛かったんです。

可愛いと思っていないと育てられなかった?

それが、子どもが大きくなった今となってみると、乳児期の頃の子どもは可愛くないんですよね!

頭髪は薄いし、顔はしわくちゃだし、歯もない。身体はお腹ばかり大きくて、手足のバランスも悪い。当時の自分は、「客観的に見ても世界で一番可愛い!」と言っていたはずなので、これは、おかしいんですよ!!

それで、どうしてこんな風に思っていたのかなと今になって考えてみました。まず考えられるのは、子どもが可愛いと思いたかったんじゃないかということですね。

乳児期の子どもの子育ては、やはり大変です。妊娠・出産絡みで体力的に疲れているところに、24時間目を離せない存在が突然現れたわけですから。可愛いと思わないと子育てをする苦労に打ち勝てなかったんじゃないかというのは十分考えられます。

これは私の中での話なので、自分の子供を「世界で一番可愛い!」と思っている人に対して錯覚だとか申し上げるつもりはありません。あくまで私の頭の中ではそういうことがあったんじゃないかという話です。ただ、あるあるだとは思う。

今、世界で一番可愛い

これ以外にもう一つ思い浮かぶ理由があります。それは我が子を「今、世界で一番可愛い!」と考えているからというもの。

要するに、今の子どもと生後三ヶ月ぐらいの乳児期の子どもを比較して、今が世界で一番可愛いんだから、乳児期はそれに劣るということです。

今は子どもが大きくなってそれほど子育てで苦労していないのに「世界で一番可愛い!」と思い続けているのだから、そう考えると、最初に書いた理由は正しくないかもしれません。単純に私が親バカだということで片付けられそうです。

なお、大きくなるにつれ、理屈をこねたり、親に嘘をついたり、汚い言葉を使ったりするのも、どれも可愛いと思って眺めています。

そういうことができるのも成長の証であって、以前には到底できなかったことですから! 私を困らせようと思って嫌がらせをしているというより、彼らが大人とも対等に話せる武器を獲得し、使いたくて使いたくてたまらないと受け止めています。

意味不明な宇宙語を話していたのに、よくぞここまで成長したと感慨深い気持ちになります。そして、思わず「かわいい~!」とほっぺたをこすりつけて、子どもに「子どもみたいにするの止めて」と嫌がられています。

うちの子はみんな可愛い!

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy