ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オホーツクがあふれている! 吉田三八商店で海の幸、てんこ盛り!【網走】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:mesitsu_lc:20160915162852j:plain

オホーツクの海の幸が味わえる町、網走。

その繁華街に、なんともやりすぎなお店があります。

カニが山盛り、イクラが山盛りとサービス精神旺盛!

しかも安いってどういうことですか!?

海鮮卸問屋直営という居酒屋さん、

吉田三八商店をご紹介します。

札幌から「覚悟」のいる距離

f:id:mesitsu_lc:20160914220405j:plain

美味しいものを食べるためならエンヤコラ。

札幌から車で片道5時間ほど。

ちょっと腰が痛いぞ、メシ通レポーターの裸電球です。

今回、旅したのは、ここ!

網走、遠いっす。

f:id:mesitsu_lc:20160915162810j:plain

北海道地図で見ると、

ちょっと先には世界遺産の知床があるなど、自然豊かなエリアです。

f:id:mesitsu_lc:20160915180622j:plain

目の前にはオホーツク海!

北海道の中でも、ここは海の幸が美味しい場所。

さっそく、お店選びですね。

不思議な吸引力を感じて

f:id:mesitsu_lc:20160915162912j:plain

普段の食べ歩きは、どちらかというと「渋いお店」や「入りづらいお店」に行きがちの筆者・裸電球ですが、この日は、このキレイな外観に魅かれるものを感じます。

酒飲みの嗅覚でしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20160915162844j:plain

常連さんの札がズラリ。

店内は地元の方、そして観光の方で賑わっています。

やった!

ほらみたことか。

このお店には「何か」があるに違いありません。

f:id:mesitsu_lc:20160915162847j:plain

美味しそうなメニューが並んでいます。

ウニは極上Aランクですって。

しかも安い!

北海道で生まれ育った私でも、これは破格だと思います。

f:id:mesitsu_lc:20160915162848j:plain

この制度は画期的ですね!

刺身を「一切れ」で用意してくれるんですって。

一人で飲む時などにはいいですよね。

f:id:mesitsu_lc:20160915162846j:plain

卸問屋直営ですって。

なるほど、それが安さのヒミツですね。

一気にテンションが上がります。

それでは、海の幸を大満喫といきますか!

まずはオススメという出汁巻き玉子を注文しました。

f:id:mesitsu_lc:20160915162900j:plain

ちょっ……。

ちょっと待ってください、何ですかそれ!

山です。

ホロホロっとしたものが山積みです!

すごいメニューが登場!

f:id:mesitsu_lc:20160915162849j:plain

吉田三八商店の超人気メニュー、

「贅沢カニだく 出汁巻き玉子」です。

お値段、いくらだと思いますか?

f:id:mesitsu_lc:20160915162852j:plain

玉子焼きの上にてんこ盛りですよ。

ズワイガニのむき身がたっぷりです。

「カニ、1匹分くらいあると思います」と店員さん。

さて、その金額ですが……。

驚愕の734円!

安すぎです!

f:id:mesitsu_lc:20160915162901j:plain

これだけでは終わりません。

ガスバーナーを手にし、カニの身を炙り始めました。

f:id:mesitsu_lc:20160915162902j:plain

チリチリチリと魅惑の音。

すぐに香ばしい匂いが。

すばらしい!

f:id:mesitsu_lc:20160915162908j:plain

なんという玉子焼きでしょう。

お酒が進みすぎて大変です。

一口でビールジョッキ半分は飲んでしまいます。

f:id:mesitsu_lc:20160915162903j:plain

f:id:mesitsu_lc:20160915162904j:plain

網走の「美味しい」が止まりません。

ズワイガニのむき身を、毛蟹のだし醤油でいただくんです。

もう、口の中がオホーツク海 です。

この日のオススメも注文

f:id:mesitsu_lc:20160915162858j:plain

こちらは北海道の釧路町の左側にある仙鳳趾(せんぽうし)の生牡蠣です。

仙鳳趾産は水揚げ量が少なく、普通に食べるとなかなかのお値段がするのですが、

こちらのお店では1個270円と良心価格!

同じく牡蠣の名産地、厚岸産ですと194円というから驚きます。

f:id:mesitsu_lc:20160915162910j:plain

濃厚すぎて言葉が出ません!

ああ!ここまでクリーミーとは。

甘さ、磯の香りが口いっぱいに広がります。

コクも桁違いのレベルです。

f:id:mesitsu_lc:20160915162857j:plain

ダメだ!

このままでは小一時間で酔いつぶれてしまう。

そこで注文したのが、

お店の人気メニューだという「冷やしトマトおでん 453円」です。

これまた……。

トマトでここまで日本酒が飲みたくなったのは初めてです。

逆効果。

さらにお酒が進みます。

オホーツクといえば、外せないのが「鮭」です。

そして鮭といえば……イクラ!

最後に頼んだイクラ丼が……。

これまたうれしい限り!

全体を見る前に。

器の下、見てみましょう。

f:id:mesitsu_lc:20160915162854j:plain

あふれてるんですね~。

この皿の上のイクラだけで、寿司2貫は作れますよ。

f:id:mesitsu_lc:20160915162853j:plain

こちらが「こぼれイクラ丼(小) 1,058円」です。

なんというコストパフォーマンス!

安いだけではなく、厳選したイクラ!

東京で同じものを食べたらいくらするんでしょう。

ちなみに、これでサイズは小です。

f:id:mesitsu_lc:20160915162905j:plain

小でも十分なサイズ。

一人で食べるとなると、なかなかのボリュームです。

f:id:mesitsu_lc:20160915162911j:plain

プチプチがたまりません!

北海道最高! 網走最高! オホーツク最高!

新鮮ですね~。

弾け方が違います。

網走に来た甲斐……ありすぎ!

f:id:mesitsu_lc:20160915162855j:plain

海の幸を大満喫の吉田三八商店でした。

地元の人だけではなく、観光客や出張中のサラリーマンにも人気のお店です。

安く、がっつり美味しい海鮮を食べられるなんて最高!

飲兵衛の嗅覚は間違っていませんでした。

網走にお越しの際は、ほっぺを落とさないように注意が必要ですよ!

お店情報

吉田三八商店

住所:北海道網走市南3条西1-10

電話番号:0152-44-3311

営業時間:17:30~24:00(LO)

定休日:日曜日(祭日の場合は翌日が休み)

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

ピクリとも悪いことしていないのに監獄食を食べてきた!
カロリーセーブを許さない! なんぽろ温泉の「キャベツ天丼」がすごい!【北海道】
北海道のソウルドリンク「カツゲン」に迫る!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。