ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

静電気の季節到来! 今すぐできる意外な対策法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。毎週月曜は実践できる「健康」と「美」へのヒントを“クイズ形式”でお送りしています。

10月3日のオンエアでは、「静電気」をピックアップ。医学・歯学・薬学の3つの博士号を持つ堀泰典先生に、「静電気対策」にまつわるクイズの出題と詳しい解説をしていただきました。

季節の変わり目にやってくるのが静電気。静電気を冬が嫌いな理由の一つに挙げている方もいらっしゃるのでは? 静電気は放電の際の痛みだけではなく、髪が広がってしまったり、肌のバリア力を下げたりもしてしまいます。今回は、“今すぐできる! 静電気対策法”を堀先生に教えていただきました。

まずはこちらのクイズから!

「静電気の悩みを解決する“意外なもの”は次のうちどれでしょう?」

?枕元に絹のハンカチを置く
?枕元に金属の棒を置く
?枕元にコップ一杯の飲み水を置いて飲む

さぁ、どれでしょう?

この問題に別所は「普段やっておいた方がいいなぁと思うのは、起きてすぐに水を飲む?ですけど、意外性で言えば?じゃないかな…」と悩んだ挙句、?を選択しました。

さて、堀先生からの正解は…?の「枕元にコップ一杯の飲み水を置いて飲む」でした! ではその理由とは?

「寝ている間に汗をかいたり、寝返りをうったりして体に静電気がどんどん溜まっていくことになるからです。つまり長く寝すぎるという方は静電気がたくさん溜まります。その静電気を、コップ一杯の水を飲んで中和するということなのです」(堀先生)

人間の体の抵抗値は約100万から500万オームなので、ほぼ絶縁体と考えられるそう。これは大理石より若干弱い抵抗値で、これをできるだけ小さくするのが大切とのこと。そのためにはミネラル、アミノ酸をたくさん摂ることがポイント。「また、静電気を抜くためには、海水浴、お風呂、温泉など、身体全体を水につけることがとても重要で、特に塩水の海水は静電気を抜く効果が強いと考えられます」と堀先生。

コップ一杯の水で静電気を防ぐことができるとは、まさに意外な答えだったのではないでしょうか? さらに、“寝返り”が身体に静電気を溜める原因になっているというのも意外でした。

その他の対策法としては、ミネラルが豊富な日本食を食べる、温泉に入るなども効果的だそう。温泉なんてこの季節にはぴったりですよね!

最近では、様々な静電気対策グッズが売られていますが、「枕元にコップ一杯のお水を置いて、朝に飲む」は今すぐにできて低コスト。静電気でお悩みの方はぜひ取り入れてみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時―9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP