ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レノボ、グーグルのAR技術「Tango」搭載スマホを11月下旬より国内でも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月27日、レノボ・ジャパン株式会社は、GoogleのR&D部門であるATAPグループが開発しているAndroid向けAR技術「Tango」を搭載した大型スマートフォン「PHAB2 Pro(ファブツープロ)」を発表しました。2016年11月下旬より予約販売開始予定となっています。

PHAB2 Proは、周囲の環境をマッピングする一連のカメラ・センサーを搭載することでAR体験を実現します。たとえば、ARアプリを使用することにより、学校の生徒は原寸大の仮想恐竜を教室で見て、ARにより表示された恐竜の周りを歩き、学習効果を高めることなどができるとのこと。ARを用いたゲームでは、バーチャルな恐竜を台所のテーブルで遊ばせたり、デジタルペットを寝室で飼育したり、家に侵入するエイリアンの群れを撃退するゲームを楽しむことができます。

www.youtube.com/watch?v=BjlPbqgBSuc

Tangoを搭載したPHAB2 Proは、室内のマッピングを用いたARの博物館ツアーなどの体験を作り出すこともできます

「PHAB2 Pro」仕様など

OS:Android 6.0
液晶:6.4型ワイドIPS液晶(2560×1440)Assertive Display対応、2.5D曲面ガラス
プロセッサ:Qualcomm MSM8976 オクタコア プロセッサー(Google Tango Edition)
メモリ:4 GB
ストレージ:64 GB
ネットワーク:Wi-Fi、LTE(SIMロックフリー対応、通話機能付き)
バッテリ:4050mA
駆動時間:約24時間
質量:約259g
Web直販販売予定価格:49,800円(税抜)
2016年11月下旬より予約販売開始予定

(参考)
レノボ、世界初のTangoテクノロジー搭載“ファブレット”PHAB2 Proを発表
3D拡張現実をハンドヘルド・デバイスで実現
www.lenovo.com/news/jp/ja/2016/09/0927.shtml

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP