ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全部ハズレなし!編集部がオススメする ご当地の美味しいお土産ベスト10 【香川県編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

高松市を中心とした、日本一小さい県として知られている香川県。ランキングには「うどん県」ならではのうどん、地元菓子店が工夫をこらして発売し長い間愛され続けているスイーツ、特産品の和三盆を活かしたものなどが登場。さっそくチェックしてみてね!

【1位】手さげ 半生うどん

讃岐のうどん職人が、絶妙な塩加減、水加減で練り、熟成させた生地を包丁切りした麺。「讃岐うどん特有のコシが、手軽に味わえる」「作り方を書いてあるので、素人でもおいしくゆでられるし、めんつゆもついているので讃岐の味が堪能できる」など、うどん県・香川ならではのうどん愛あふれるコメントが多数集まり、堂々の1位となった。 価格:755円(300gx2袋・めんつゆ付6人前)

販売元:さぬき麺業

【2位】えびせんべい

瀬戸内海で獲れる上質な赤こえびのすり身だけの生地に、必要最低限の馬鈴薯でんぷんを加えて焼き上げたせんべい。さっくり軽い歯ざわりの後に、えびの香りが口いっぱいに広がる。「子どもから大人まで食べやすい」「軽くて持ち運びやすく、お土産にはうってつけ」と万人受けする美味しさとお土産としての手軽さが支持を得た。プレーンのほか、柚子胡椒やのりなどの各種風味、チーズをサンドしたものなどバラエティ豊かで選ぶ楽しみも。 価格:1,080円(2枚入り×12袋)

販売元:志満秀

【3位】しょうゆ豆

香ばしく炒ったそら豆を砂糖としょうゆで作ったタレに漬けて味付けした、香川県の郷土料理。「お弁当に入っていた」とのコメントもあるように、甘辛で素朴な味わいが、おかずの一品、お茶請け、箸休めにと広く親しまれている。「県外に似たような食べ物は無く、讃岐らしい」「香川県の隠れた名産」と、他にはないご当地らしさがお土産にぴったり。 価格:ひも付きお土産しょうゆ豆680円

販売元:大西食品

【4位】瓦せんべい

上質な白下糖(しろしたとう)という砂糖を使い、玉藻城の瓦にあやかって明治10年に創製された瓦せんべい。堅さと爽やかな甘味が特徴で「堅くて美味しい」「堅さがクセになる」「噛めば噛むほど味がある」と、他にはない堅さと上質な砂糖ならではの味わいが受けている。一番小さな「小瓦」から、本物の瓦サイズに近い「特々大瓦」までサイズは5種。 価格:小瓦せんべい378円(6枚)

販売元:宗家くつわ堂

【5位】名物かまど

厳選された白いんげん豆(手亡豆)と県産卵の黄味のみをふんだんに使って炊きあげた上品な黄味餡を、風味豊かな皮で包んだ讃岐銘菓。名前の通り、塩を炊く「かまど」の形を模した独特の形をしている。地元ではテレビCMの「かまどちゃん」のキャラクターでお馴染みで、「CMの歌と一緒に人にあげる」と親しまれている。 価格:1,242円(15個)

販売元:名物かまど

【6位】和三宝めぐり(香川)

香川県の特産品である和三盆糖を使用した干菓子。和三盆糖ならではの上品な甘味と優しい口どけが魅力。香川の観光地や特産品を形にしていて、見て「楽しく」食べて「美味しく」もらって「嬉しい」をテーマに作られている。中のシオリには型のイラストと名前が記され、かさばらず日持ちが良いのも(1年間)お土産向きだ。他に「音楽」「動物」「花」モチーフもある。 価格:648円

販売元:ばいこう堂

【7位】かまどパイ

厳選したバターを使用し、手作りにこだわったリーフパイ。薄く伸ばしたパイ生地にクルミをのせ、ひとつひとつ手作業で巻いて出来上がる手間暇のかかったお菓子。バターが生地の隅々までいき渡ったしっかりとした食べ応えに、クルミの香ばしさがアクセントになっている。年間500万枚の売り上げを誇る「名物かまど」に次ぐ人気NO.2菓子。 価格:1,209円(12枚)

販売元:名物かまど

【8位】灸まん

その名の通り、丸でも楕円でもない「お灸」の形をしたお饅頭。上質の黄味餡を使った甘さ控えめの上品な味わいは「シンプルだけどクセになる」「口当たりよく適度な甘味」と完成度が高い。本店は香川県の名所である「こんぴらさん(金刀比羅宮)」の参道にあり、名物の石段上りで疲れた参拝客が店内で一休み、灸まんで疲れがとれると評判。 価格:755円(9個)

販売元:灸まん本舗石段や

【9位】銘菓 観音寺

しっとりとした黄味餡とバターや卵等を使ったカステラ風生地を合わせた洋風お饅頭。表面の焼き印は、観音寺市「寛永通宝」のもの。地元では「観まん」の名称で親しまれ「自分や家族の好物」「万人受けする」と鉄板人気を誇る。手作りで製造数にも限りがあるため、「目の届く場所」でしか売らないのがモットー。通販はもちろんないので観音寺市内の店舗で手に入れたい。 価格:515円(5個)

販売元:白栄堂

【10位】和三盆プリン

香川県産和三盆糖と新鮮なジャージーミルクを使い、ガラス瓶に入れて窯で焼き上げたプリン。とろりとなめらか濃厚で、和三盆糖らしい上品な甘さとすっきりした後味が特徴。さぬき市にある大山牧場では、日本の全乳牛の0.6%と言われているジャージー牛を育てていて、採れたてのミルクや、ミルクを素材にした各種フードを楽しむことができる。 価格:330円

販売元:大山牧場うしおじさん

このランキングについて

旅のプロ・じゃらん編集部が取材と現地最新情報をもとに人気の食品土産を20種ピックアップ。そのリストの中から「美味しい」と思うもの5つを地元民に選んでもらい、合計得票数でベスト10を決定した。

【調査概要】

アンケート期間:2016年4月15日(金)~4月17日(日)

対象:香川県在住の20~69歳の男女

有効回答数:100件

調査内容:地元民が他県の方におすすめしたいご当地の美味しいお土産調査

調査方法:インターネットによるアンケート

関連記事リンク(外部サイト)

食べて浸かって大満足♪ごはんの美味しい日帰り温泉【愛知編】
キレイの秘密は日本酒!?新潟でおすすめの美活スポット
女子旅におすすめ!縁結びの馳・島根の運気UPスポット10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP