ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『CUTIE HONEY』西内まりや ワイヤー吊り楽しかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 無口で、ツンツンしていて、でも、どこかに少女っぽさを残している――。映画『CUTIE HONEY-TEARS-』で、西内まりや(22)が演じたのは、そんな、クールで、強くて、かっこいい女の子だ。

「女の子には、いろんなかわいさがあって。表面に出てくる…笑顔がかわいいとか、仕草がとっても女の子らしいとか。でも、そうじゃない。脆くて、繊細で、壊れやすい――そういう内面的な女の子のかわいさを表現できたらいいなと。男の子には、ちょっと、わかりにくいかもしれないですけどね(笑い)」

 黒を基調にしたバトルスーツ。キレキレのワイヤーアクションも、初めて挑戦したとは思えないほどキマっている。

「小さい頃から体を動かすのが大好きで。なぜか、逆立ちして、テレビを見ているような子供だったので、ワイヤーで吊られるのが、楽しくて、楽しくて。おかげで、撮影中は、体のあちこちがアザだらけ。歌番組に出演した時は、長袖の衣装で必死に隠していました(笑い)」

 やるからには自分らしい、西内まりやにしかできないものをやりたい――この気持ちは、ファッションモデルの時も、アーティストの立場でも、女優としても同じ。でも、それって、すごく大変なのでは?

「気持ちと体のバランスが崩れた時は、正直、大変な時もあります。でも…」

 でも?

「大丈夫、私ならきっとできるって、何度も自分に言い聞かせて。昔から、根拠のない自信だけはあるほうなんです(笑い)」

 最初から諦めない。やりたいと思ったことは、まずやってみる。ダメだったらその後で考えればいい――これが、西内家の家訓(?)。ぶれずに、まっすぐ走り続ける西内まりやは、ハニーと同じ、芯の強さを持った、かっこいい女の子だ。

撮影■LUCKMAN

※女性セブン2016年10月13日号

【関連記事】
竹内まりや 水色ドレスで授賞式に登場「夫も喜んでいる」
熱愛報道の2人の共演 城田&西内、梅宮アンナ&武田修宏も
西内まりや ハロウィン猫耳と白いドレスで新曲を熱唱する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP