ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】オムライス屋なのにイチからグリーンカレーを仕込む店があるらしい @『神田たまごけん』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原で美味しいフワトロ系のオムライスを食べようと思った時に最右翼的な存在の『神田たまごけん』。こちらのお店で2016年8月に本格的すぎるインドカレーを添えた「12種のスパイスカレーオムライス」を期間限定で提供していたことは既に紹介しました。

【ガジェ通秋葉原制覇】夏バテ防止! 『神田たまごけん』期間限定メニュー「12種のスパイスカレーオムライス」を食べてきた
http://getnews.jp/archives/1501977 [リンク]

そして。またまた『たまごけん』の店長氏から「10月にも限定メニュー出します!」という連絡が届いたので、どのようなものか賞味しに行って参りました。

たべたもの「黄金のグリーンカレーオムライス」

■たべたもの:黄金のグリーンカレーオムライス
■値段:850円
■たべた日時:2016年9月30日金曜日17時3○分入店

レビュー

早速ですが、実食レビューに入りましょう。見た目は8月の「12種のスパイスカレーオムライス」と同じく、オムライスにカレーが別添えになっています。ふわとろ系のオムライスのこだわり具合に関しては、爆食ライターYELLOW氏が詳細にレビューしているので、ご関心のある人はそちらを参照してください。

【ガジェ通秋葉原制覇】ラーメン?カレー?秋葉原でオムライスを食べてない奴www @『神田たまごけん』
http://getnews.jp/archives/1484984 [リンク]

さて、問題は“黄金の”と銘打たれたグリーンカレーです。てっきり市販のルーを使用しているのかと思いきや、店長氏が開口一番「今回はイチから仕込んだグリーンカレーです!」と自家製であることをアピール。いやいや、グリーンカレーってそんなにカンタンに作れるものじゃないし、にわかに信じがたい……。店長氏は「タイ料理屋さん数件にレシピ教えてもらうために回ったのですけれど、みんな“やめた方がいい”と言われました(笑)」と至極まっとうなアドバイスを受けているにも関わらず、イチから作っちゃったそうなのです。

そして店長氏が厨房から持ち出してきたのが、本格的にも程があるすり鉢。これでタイ産の生ハーブをすりおろしペーストを作るとのこと。やり過ぎ感満点ですね。

このグリーンカレーのポイントとして挙げられるのは、マイルドさに加えて“黄金”に彩られた鶏油とスパイスが加えられて充分に辛さもあるところでしょうか。そのため、オムライスのチキンライスにかけてもしっかりとパンチのある味でよく合っています。「この辛さを表現するには、どうしてもイチから作らないといけなかったんですよ~」と店長氏。
グリーンカレーの中には、パプリカやピーマン、たけのこに鶏肉が入っていてヘルシー度も高め。カレー単体としても完成度の高い逸品だと言っておきましょう。

“あの”「ラーメンと洋食の“融合”(フュージョン)」したというスープとの相性も良いです。特にピリっとしたスパイスの辛さと、ふわとろオムライスの合間に頂くと、鶏の潜在能力の高さに驚かされる魅惑の味と言うと褒めすぎでしょうか。

手間がかかりまくるために一日限定20食にせざるを得なかったというこの「黄金のグリーンカレーオムライス」。10月30日までの限定メニューということで、特にタイカレー好きの人は一度賞味してみる価値アリ。カレー屋ではなく、オムライス屋が考えた究極のグリーンカレーという面でも、注目すべきチャレンジであることは間違いナシです。

詳細情報

店名:『神田たまごけん』秋葉原店
電話:03-3527-1272
場所:東京都千代田区外神田3-14-3
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP