ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギャラガー兄弟らが寵愛するジェフ・ウートン、デビューALから「Sonik Drips」のMVを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 ギャラガー兄弟、デーモン・アルバーンがその才能を認め、多くのロック・レジェンドたちと共演してきた知られざる実力派ミュージシャン、ジェフ・ウートン。満を持して日本でもリリースされるデビュー・アルバム『The Way the Light』から、「Sonik Drips」のMVを公開した(https://youtu.be/9TJgh0DIaUk)
 ジョニー・マーやポール・ウェラーもゲスト参加して話題となった今月のノエル・ギャラガーのロンドン公演では、オープンニング・アクトも務めた若き才能、ジェフ・ウートン。90年代UKのギター・サウンド、その直系の後継者が登場したことを強く印象づける2曲「Sea of Sound」と「Venus」のスタジオ・セッション映像に続いて公開された「Sonik Drips」は、90年代UKギターとはまた一線を画し、前半のアンビエントから、徐々にビートが加わり始めると、後半にはブレイクビーツ調のリズムが爆発。見事なほどエピックなクライマックスは、ギタリストのソロ・アルバムの定型にはまったく当てはまらない、ウートンの傑出したバランス感覚を証明している。
 ジェフ・ウートンの1stアルバム『The Way the Light』は、10月5日リリースされる。ボーナス・トラックとして、ニック・ジナー(ヤー・ヤー・ヤーズ)やブーチー・ブラウン(ファーサイド)が参加した「The Eternal Reconstruction」が追加収録され、解説と歌詞対訳が封入される。iTunesでアルバムを予約すると公開中の「Sea of Sound」「Venus」「Sonik Drips」の3曲がいちはやくダウンロードできる。
◎リリース情報
ジェフ・ウートン『ザ・ウェイ・ザ・ライト』
2016/10/05(水) Release
BRC-531 国内盤CD
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録/歌詞対訳・解説書付

関連記事リンク(外部サイト)

ギャラガー兄弟/デーモン・アルバーンらが寵愛するジェフ・ウートン、10月に日本デビュー決定
【#フジロック15】最終日レポート:ノエル・ギャラガー「ドンルク」「ワットエバー」の大合唱で大トリ完遂 ライアン・アダムス、椎名林檎らも圧巻ステージを披露
オアシスのドキュメンタリー映画12月に公開、ガガの日本公式LINEアカウント開設、ザ・チェインスモーカーズが日米チャートで首位:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP