体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

chay、自身初の弾き語りライブでドラマOPに決定した「12月の雨」を初披露

エンタメ
chay、自身初の弾き語りライブでドラマOPに決定した「12月の雨」を初披露

アーティストのみならず『CanCam』の専属モデルとしても活動し続けているchay。以前から「弾き語りライブが観たい!」というファンの声が多く、9月30日に東京・duo MUSIC EXCHANGEにてchayの弾き語りワンマンLIVE「chay’s room vol.1〜One mic,One guitar〜」が実現された。

ライブのコンセプトはタイトル通り、chayの部屋。chayの部屋に遊びに来て、ゆったりしながら近くでギターを爪弾いてくれる…、そんなスペシャルな空間を演出。サポートメンバーは一切おらず、ステージにはchayとギターのみ!何種類ものギターが置かれ、全編弾き語りのライブに挑んだ。

大きな白いソファーにクッション、chayが普段から自分の部屋で使用している机やティーセット、さらにお花といった小物の数々…。「本当に部屋に遊びに来たようにしたい!」と自宅から運んでくるという拘り様。白の刺繍が施されたネイビーのトップスにピンクのロングスカートでchayが登場した。

ランプに明かりが灯され、ソファに座ると弾き語りを始めるきっかけにもなったCyndi Lauperの楽曲「True Colors」を披露。オープニングMCでは「chay’s roomへようこそ!デビュー前からずっと弾き語りライブをやりたくて、きょう念願の1回目を皆さんと迎えられた事を本当に嬉しく思います。」と今回の弾き語りに対する想いを語り、続けて自身の楽曲「Twinkle Days」「Wishes」を弾き語りバージョンで披露。

曲によってギターを持ち替え、バンジョーで「Mean」、12弦ギターで「As Tears Go By」を披露し、会場のファンを魅了した。

当日、開演前に観客からchayに弾き語りしてほしい曲やchayへの質問、メッセージを募集していたが、次のコーナーでは、そのメッセージカードを貼ったコルクボードがステージ上に登場した。そのリクエストからchayが楽曲をセレクトし、即興で弾き語りを披露。自身のInstaglamへもリクエストの多かったという、THE BEATLESの「Let It Be」や、Taylor Swift「We Are Never Ever Getting Back Together」、またデビュー前からある自身の楽曲で、音源化されていないがリクエストの多かった「Together」、そして以前ラジオ番組で披露したこともあったという中島みゆきの「空と君のあいだに」を続けて披露した。

リクエストコーナーで観客との身近なやり取りで会場があたたまると、観客の手拍子にあわせてThe Jackson 5の「I Want You Back」で会場は一気に盛り上がる。さらに月9主題歌となっていた「あなたに恋をしてみました」では、会場に集まった300人の観客が一体となった。そして、ライブ本編の最後には初の「それでしあわせ」をピアノで披露。会場からのすすり泣く声に思わずもらい泣きをしてしまう場面も…。会場は温かい空気に包まれた。最後には「chay’s room〜One Mic,One Guitar〜vol.2」が11月2日に開催されることも発表され、本編は終了。

そしてなりやまない拍手を受け、chayが再びステージに。

アンコールでは、荒井由実の名曲「12月の雨」をカバー。そしてMCでこの「12月の雨」が、10月5日から放送される日本テレビ系連続ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のオープニングテーマに決定した事を発表した。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会