ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、VRコンテンツを配信する『Viveport』をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC社は9月30日、HTC Vive向けのVRコンテンツ配信プラットフォーム「Viveport」を、全世界でリリースしました。

教育・ニュースなど各種VRコンテンツを配信するプラットフォーム

HTC Vive向けにはValveの運営するプラットフォーム「Steam」でコンテンツが配信されています。Steamは元々ゲームの配信プラットフォームのため、VRゲームのコンテンツが多く配信されています。

 

「Viveport」はゲームだけでなく、アート、クリエイティブツール、デザイン、教育、ファッション、ミュージック、スポーツ、トラベル、ビデオなどのVRコンテンツを配信するHTC Vive向けのプラットフォームです。

 

Viveport は今春より中国で先行提供されており、同時にアプリの登録受付も行っていましたが、30日より日本を含む世界 30 カ国で正式にサービスを開始します。HTC社は世界最大のVRコンテンツ配信プラットフォームにしていくとしており、Viveユーザーは選べるコンテンツの幅がさらに広がります。

リリースされるViveportには以下のコンテンツが含まれます。

 

Viveport Premieres: 最新のアップデートコンテンツを体験できる。

48時間リリース記念セレブレーション: 厳選コンテンツが48時間限定で$1(約100円)でダウンロードできる。パシフィックタイムの9月30日0時からスタート。

Viveport Community: コミュニティ内で他のユーザーと情報などをシェアできる。
参考: community.viveport.com/

Vive Home: パーソナルスペースのカスタマイズや、新しいウェブブラウザウィジェットが楽しめる。

 

HTC社のCEOであるRikard Steiber氏はViveportのグローバルリリースに際し、次のように述べています。「我々はたくさんのユーザーがViveportを通して素晴らしいVRコンテンツに巡り合えることを望んでいます。今ではVR内の博物館で恐竜について学ぶなど、学生たちの知的好奇心を満たすことができます。『theBlu』や『Gnomes and Goblins』などたくさんの最新コンテンツも配信されるので、ぜひ楽しみにしていてください。」


間近で巨大なクジラを望むことができるVRコンテンツ『theBlu』

 

また同氏は、Viveport上で配信されるコンテンツを可能な限り多くのVRHMD向けにリリースしてもらうため、開発者との間で独占契約は結んでいないとしています。

Viveportへはこちらからアクセス可能です。

 

(参考)
Microsoft’s ‘FlashBack’ Could Bring Mobile VR Up To Rift/Vive Performance Levels(英語)

uploadvr.com/microsoft-flashback-bringing-mobile-vr-rift-and-vive-levels/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP