ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高値の本が眠っていませんか?大阪で古書を買取するお得情報

  • ガジェット通信を≫

車や時計のヴィンテージ価値は評価されますが、こと書籍に関してはヴィンテージは認められないのでしょうか。例えばブックオフやゲオなどでは、一般的に「鮮度」の高い本を買取し、素早く売ることで勝負しています。ISBN(国際標準図書番号)がない書籍は基本的に取り扱いはしていません。しかし、求める人あらば買取業者は存在するものです。今回は「古書」と呼ばれる前近代的な文学書や経典、美術書など、書籍の中のヴィンテージと言える本の買取について、”大阪で”検討している方にお話しします。

古書を掘り起こそう

ひとえに古書といっても自分の家に存在するのかどうかもわからない方が多いのではないでしょうか。古書として価値が高いものをみすみす安値で手放さないために、まず確認作業をしてみましょう。

宗教・哲学書

文学書・宗教書のジャンルでは、昭和初期〜中期に大学等の研究機関をルーツとする出版社から刊行されているものが多いです。装丁など凝って作られており、現在は絶版でもその研究業績の高さから中古市場で確かなニーズがあります。

文学書

文学書の古書は講談社や中央公論社など名の通った出版社も多いです。作家の全巻・またはひとつのテーマの全巻単位で扱われることが多く、三島由紀夫や寺田寅彦など有名作家の作品もありますが、多くは国文学の研究者などでなければわからない内容です。学者や評論家・愛好家のあいだで廻っていくことの多い刊行物です。

芸能書

こちら芸能書もメジャーな出版社からの刊行の多いジャンルです。歌舞伎や能・落語・映画、演劇など大衆娯楽と言える、皆さんにもなじみ深いジャンルではないでしょうか。そのなじみ深さゆえに、古書の中では比較的安価な価格帯で取り引きされ、その売れ方も早いものといえます。

このように古書とは、絶版状態にあり発行はおおむね明治〜昭和、確かな研究内容や歴史価値があり学者・研究者、一般の愛好家が求めるものであるとここでは定義しておきます。…祖父の代から受け継がれているけど今は誰も読まない、場所をとるだけでその価値もわからない…。そんな書物があれば専門ショップで査定してもらい、合理的であれば買取してもらいましょう。

古書専門店 大阪福永懐徳堂

出典:福永懐徳堂
それでは堅苦しいお話はひとまずここまでにして、実際の古書買取事情を大阪・福永懐徳堂(古書買取・販売店)を例に事例を見ていきましょう。

店構え

壊徳堂の買取案内には、このような記述があります。

教養・文化・文学関係の書籍の取扱いに力を入れております。また各種全集、哲学宗教、歴史民俗、教育、自然科学、建築系の専門書だけでなく、日本、世界、宗教などの美術本や刀剣、陶磁器、染織などの工芸本、書道、茶道、華道、映画、音楽、武道、鉄道、料理などの古い趣味雑誌に至るまで、幅広い古本買取に対応致します。

(買取品目より引用)

このように、古書専門として店舗が成り立つわけですから、あなたの家の古めかしい本も、実は高額の値打ちを秘めているのかも知れませんよ。

価格は

残念ながら買取価格は実際に商品が店舗に届き、鑑定士が査定するまでわかりませんので、ここではご参考として壊徳堂の販売ルートのひとつ、壊徳堂ヤフオク!店での価格を見ていきたいと思います。販売価格となりますが、この価格から人件費など諸費用を差し引いて、ショップとして利益を出せるレベルが買取価格となりますので、価格の目安としては大いに有益な情報だと思います。

・原始仏典 梶山雄一・他(編) 講談社発行 全巻10冊揃
出典:ヤフオク!
即決価格 17,000円(税込)

即決価格というのはオークション期間中でもその価格で了承すれば、ただちに落札となる金額です。入札の少ない商品では即決価格は事実上の販売価格と見ても良いです。こちらは講談社から昭和60年に発行された仏教書全巻で、少々日焼けのあるものの状態はおおむね良好とされています。

・漱石書画集 岩波書店発行
出典:ヤフオク!
即決価格 800円 (税込)

昭和50年発行、商品状態おおむね良好です。一冊の価格だけを見ると物足りないですが、このような書物が大量に書庫に眠っているようであれば、総額としてはかなりの額に化ける可能性はあります。

・日本馬具大鑑 日本中央競馬会発行 全巻4冊揃
出典:ヤフオク!
即決価格 100,000円 (税込)

馬具の図鑑…事情を知らない人であれば何のことかわからない、という人がほとんどではないでしょうか。それだけ専門性が高いということです。この商品が販売価格ですが10,0000円です。予想ではありますが買取価格としては30,000円を下ることは無いのではないでしょうか。このような「わかる人にはわかる」といった古書を知らずに処分することのないように、査定だけでもしてもらいましょう!売りたくなければ店舗から持ち帰るか郵便で返送してもらえば良いのです。

買取方法

福永懐徳堂は大阪市阿倍野区に店舗がありますので、店舗に持ち込むことで買取が可能です。店員が自宅に来てくれ、査定・換金してもらう出張買取も行っています。エリアは大阪市内、神戸市・西宮市・宝塚市・芦屋市・三田市・三木市・篠山市ほか、兵庫県全域、奈良市・大和郡山市・生駒市・橿原市・櫻井市ほか、奈良県全域、京都市・長岡京市・宇治市・向日市・福知山市ほか、京都府全域となります。事前に日程を決めてから来てもらいましょう。

大阪エリア外でも商品を郵送する宅配買取も行っています。梱包の手間がかかる、日数を要するといったデメリットもありますが、送料も店舗が負担してくれますので、申し込み後にヤマト運輸の着払いで発送します。店舗に到着後に査定・講座に入金となります。

ショップ

それでは福永懐徳堂のほかにも、大阪エリアには魅力的な古書の買取ショップがあるのでご案内します。

天牛界書店

出典:天牛堺書店
天牛界書店は大阪府堺市に8店舗・大阪市に4店舗、高石市に1店舗を構える古書の買取・販売ショップです。天牛堺書店では「即売会」というユニークなイベントを実施しています。不定期ではありますが、300円の本・1500円の本、というように価格を限定したものを大量に売っていくというお祭りのようなイベントで、とても人気があるようです。

買取方法は先述の店頭買取・出張買取、宅配買取に対応しています。出張買取のエリアは店舗に準じたエリアとなります。

黒崎書店

出典:黒崎書店
黒崎書店は大阪市阿倍野区に店舗をもつ古書の買取・販売ショップです。大正13年設立という大変長い歴史を持ちますので、古書の多くの初版はリアルタイムで把握していることになります。その昔気質の店舗がわかる動画が用意されていますのでご参考になさってください。
https://youtu.be/Jh1sB19VTYw

店頭買取・出張買取・宅配買取に対応しています。まずは電話で相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は古書の買取に際してお得な情報をお届けしてまいりました。モチはモチ屋といいますが、古書に触れなければ存在も知らなかったようなショップも多いのではないでしょうか。あなたの古書買取ライフを応援します。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP