ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その痛みは体のSOSかも!? 子宮が痛くなると懸念される5つの病気

  • ガジェット通信を≫


女性なら誰しも子宮の痛みを感じたことはあると思いますが、その痛みが実は体のSOSだったりする場合があります。

いつもの生理痛だから…といって放っておいたりすると危ない可能性もあるので、子宮が痛む疾患について知っておきたいですよね。

そこで今回は「子宮が痛くなると懸念される5つの病気」について、医師に解説をしていただきました。

子宮の痛みと腹痛の違い

子宮の痛みと腹痛、に明確な線引きはありませんが、子宮は下腹部にある臓器ですので、子宮が原因となる痛みは下腹部痛であることが多いということは言えるでしょう。生理痛の時に痛みを感じる部位、というとわかりやすいかもしれませんね。

反対に、みぞおちなどの上腹部痛は、胃であったり、ほかの臓器が原因となる痛みである可能性が比較的高いとはいえるかもしれません。

1.子宮筋腫

病名

子宮筋腫

症状

通常は月経の時に出血が増えるといったこと以外に特に症状はないことが多いですが、大きくなって周囲の臓器を圧迫するようになると鈍痛が現れたりする場合があります。

治療法

子宮筋腫のタイプ(大きく分けて筋層内、漿膜下、粘膜下の3種類があります)や、筋腫の大きさ、り患している女性の年齢などによって異なりますが、主に手術を行う場合と、薬を使いながら閉経を待つ場合があります。

2.子宮内膜症

病名

子宮内膜症

症状

生理痛が回を重ねるごとにひどくなってくる(時に通常の日常生活が送れないほど強いこともあります)、性交痛や腰痛がある、といった症状があることがあります。

治療法

お薬で痛みを緩和させたり、お薬でホルモンの状態を調節することで症状の改善を図る場合もありますし、手術を行うこともあります。ケースによっては子宮も卵巣も全摘出する場合もあります。

3.卵巣腫瘍

病名

卵巣腫瘍

症状

症状は特にない場合が多いのですが、卵巣が大きくはれてくると下腹部の痛みとともに頻尿や腰痛を引き起こすこともあります。

治療法

腫瘍が良性のものであれば、サイズによって経過観察のみとなることもありますが、腫瘍が良性でなかったり、あるいは良性であってもサイズが大きく茎捻転などを起こす可能性がある場合は、多くの場合手術が選択されます。境界悪性、悪性の卵巣腫瘍では、抗がん剤などの治療も選択されることがあります。

4.子宮外妊娠

病名

子宮外妊娠

症状

厳密には子宮ではなく、卵管などで妊娠が成立してしまうために起こる疼痛です。急な激痛や出血、嘔吐などが現れることがあります。

治療法

子宮内に胎嚢が確認できない場合には、胎嚢を探して基本的には手術を行うことになります。

5.子宮附属器炎

病名

子宮附属器炎

症状

多くが感染によるもので下腹部を押したときに、離すときに特に痛みが出るタイプの下腹部痛や、不正出血、黄色っぽかったり緑色っぽいおりものが見られることなどがあります。

治療法

多くの場合は原因となっている菌を特定し、それに効果のある抗生物質を用いて治療します。

医師からのアドバイス


子宮の痛み、非常に女性にとっては嫌なものですよね。生理や排卵など、はっきりした原因がないのに、子宮が継続的、あるいは断続的に痛いという場合には、そのままにせず必ず婦人科を受診してくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

ご存知ですか? 生理用「布ナプキン」のメリット&デメリット
【医師からのオススメ】生理前のイライラを上手に乗り切るための5つのポイント
注意すべき女性の下腹部痛とは? 下腹部痛の症状と原因を解説

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP