ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『オリエント急行殺人事件』のリメイク版、ジョニー・デップ、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチらスター俳優が出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョニー・デップ、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ミシェル・ファイファー、そしてマイケル・ペーニャが、米20世紀FOXが手掛ける、アガサ・クリスティによる小説の映画化作品『Murder on the Orient Express(原題)』に出演する。

本作には、ルーシー・ボーイントン、トム・ベイトマン、デレク・ジャコビ、そしてブロードウェイ・ミュージカル『Hamilton(原題)』で知られるレスリー・オドム・Jrも出演する。監督のケネス・ブラナーは、探偵のエルキュール・ポアロ役を演じる。アンジェリーナ・ジョリーは6月に出演交渉に入っていたが、出演を辞退した。

ブラナー監督は「クリスティの殺人はミステリアスで、人の心をつかんで離さず、不安にさせる」とコメント。そして「暗い物語を新たな観客に向けて蘇らせるために、この俳優陣を迎えることができて光栄だ 」とも語った。

製作は今年の11月に始まる。

ブラナー監督、リドリー・スコット、サイモン・キンバーグ、マーク・ゴードン、マイケル・シェイファー、アディッティア・スード、そしてジュディ・ホフランドがプロデュースを手掛ける。マイケル・グリーンが脚本を執筆し、スティーブ・アスベルがFOXのために製作を統括する。

アガサ・クリスティによる小説は1934年に出版され、著名な列車の中で起きる殺人事件を描いた。ベルギー人の探偵エルキュール・ポアロは、乗客の中に多くの容疑者が存在する事件の解決を託される。

アガサ・クリスティ・リミテッドのジェームズ・プリチャードとヒラリー・ストロングが、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。