ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黄金比率は1:1:1:1。材料4つでつくる自家製「ラング・ド・シャ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

卵の黄身の使い道は数あれど、白身となるとそうはいかないものです。捨ててしまうのはもったいないし、とはいえどう使えばいいか思い浮かない。

ありますよ、卵白の使い道。あのソフトクリームの変わり種コーンで話題沸騰の「ラング・ド・シャ」です。フランス菓子なんて、繊細で難しそう?なのはイメージだけ。たった4つの材料さえ揃えば、誰にだってつくることができます。

バター、卵白、砂糖、小麦粉
黄金比率は、1:1:1:1

フランス語で「猫の舌」を意味するこの焼き菓子。材料はバター、卵白、砂糖、小麦粉をそれぞれ50gずつすべて等分の1:1:1;1が黄金比。これだけ覚えておけば問題なし。

まずはボウルにバターを入れて泡立て器でクリーム状になるまで混ぜます。砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜたら、さらに卵白を4〜5回に分けて加え、混ぜます。

小麦粉を加えてゴムベラで混ぜたら、天板にクッキングシートを敷いて、生地をスプーンですくって直径5cm程度の円になるよう広げます。あとは180℃に予熱したオーブンで8〜10分焼けばできあがり。

粗熱が取れたら、乾燥剤を入れた保存容器に移しましょう。形はお好みでどうぞ。

関連記事リンク(外部サイト)

バニラアイスを使えば意外と簡単。自家製「クレーム・ブリュレ」のマル秘レシピ
1,400歳のイチョウの木。「黄金色の絨毯」に圧倒される・・・
古代ローマ人も飲んでいた。自家製「エナジードリンク」の作り方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP