ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スープストックトーキョー」に学ぶ!ピンチ時の行動

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの新番組「RAKUMACHI BIZ8」(ナビゲーター:青木裕子)は、未来を描くビジネスの力にフォーカスします。10月1日のオンエアでは、「Soup Stock Tokyo」を立ち上げた、株式会社スマイルズ代表の遠山正道さんをお迎えしました。

スープ専門店「Soup Stock Tokyo」は、2000年、遠山さんが38歳のときに立ち上げました。株式会社スマイルズは現在、ベンチャーの事業支援や、ネクタイ専門店、新しいスタイルのファミリーレストラン、新しいコンセプトを掲げる本屋さんなど、「世の中の体温をあげる事業」を複数手がけるユニークな会社です。

「Soup Stock Tokyo」は、お店によってうまくいったり、いかなかったりで、起業して軌道に乗ったのは8年ぐらい経ってからだとか。3店舗目で大きな赤字を出してしまいますが、小さな店舗の売り上げの方が良かったため「これからは小さな店舗でいこう」と思ったそうです。

青木:まさに、ピンチがチャンスになったということですね。
遠山:そうです。それに、不安になるといろいろとやりたがるんです。ポスターも必要以上に貼ったりしましたが、それを全て剥がして、素の状態を見てもらおうとしたんです。結果的には削いでいったのが良かったです。
青木:遠山さんが一番大切にしている部分は何ですか?
遠山:仕事は一人ではできないので、やりたいこととビジネスチームのバランスが大事です。世の中はビジネスの方が先に立ってしまって「そもそも、なんでやってるんだっけ?」と思ってしまうようなことが多いんです。だからといって、立派な動機ではなくても、出会い頭の恋のようなものでも良いと思うんです。
青木:なるほど。

ネクタイ専門店といったユニークな発想をお持ちの遠山さんですが、ご自身のビジネスについては「掛け算みたいなものが多い」と表現しました。

遠山:私は自分でスープを作れるわけではないし、何かの専門性はないんです。でも、何かと何かを掛けたら面白いのではないか…という感覚があります。スープ専門店があって、ネクタイ屋さんがあって、次に何がきてもおかしくないと思うんです。だから思いついちゃうと、作りたくてワクワクしちゃうんです。幅を制限せずに、興味を持ったことは大切にしたいと思います。

人ともよく会っていて、毎晩どこかに行っているという遠山さん。加えて「代官山ロータリークラブ」では週に一度、さまざまなゲストを招くそうで、そこからいろいろなことが生まれるそうです。

青木:これまでに、特に印象に残っている出会いはありますか?
遠山:財界で有名な、牛尾治朗さんに「会社を潰すつもりでやれ」と言われました。要するに「会社を潰してもいいぐらいに、自分で思っていることを思い切りやりなさい。中途半端にやってたら誰からも相手にされないよ」っていう意味だったんです。それが僕の心に刺さりました。
青木:その感銘を受けて、今の遠山さんがいらっしゃるんですね。

そんな遠山さんは、中目黒のガード下に「ラブ」がテーマのレストランをオープンさせる予定だそうです。「座ると、くっつかざるを得ない椅子があります(笑)」とのこと。

さらに、10月9日、10日に代官山のヒルサイドテラスで開かれる猿楽祭では、お化け屋敷をするそうです。これはいろいろな作家さんが作ったマネキンを100体並べたり、音楽を渋谷慶一郎さんが担当するものだとか…。株式会社スマイルズの今後の展開から、目が離せなくなりそうですね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「RAKUMACHI BIZ8」
放送日時:毎週土曜 20時ー20時54分
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/biz8/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP