ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日曜進出アメトーーク DASH、古舘新番組など強敵に勝てるか 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎週木曜日23時15分から放送されている人気バラエティー『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が、10月より日曜19時台のゴールデンタイムに『日曜もアメトーーク!』としてレギュラー放送される。木曜の枠も継続するため、週2回の放送となる。同番組は「ガンダム芸人」「広島カープ芸人」など、そのテーマに詳しい芸人が、その魅力について熱く語るのが見どころ。しかしゴールデンでは、子供から高齢者まで幅広い層の視聴者をターゲットにするため、深夜のようなマニアックさは追求できないと言われている。ファン離れを心配する声もあるが、ゴールデン版は視聴者の支持を集めることができるのか?

 お笑い評論家のラリー遠田さんは「支持を集めることは充分可能です」と指摘する。

「『アメトーーク!』はこれまで何度も、ゴールデンタイムで特番を放送しています。そうした実績があるので、ゴールデンでどういう企画がウケるのかというノウハウがあります。今までの特番でいうと、『運動神経悪い芸人』や『ビビリ-1グランプリ』のような、体を使う企画をよく放送していましたが、リアクション芸は子供たちが好きですし、誰にでもわかりやすいので、そうした企画を増やすことで、ゴールデンの視聴者の心をぐっと掴むことができるのではないでしょうか」(ラリー遠田さん・以下「」内同)

 さらに、番組枠が2つできることで、番組全体としては視聴者層の獲得にもつながるという。

「企画の使いわけができるので、軽いネタをゴールデンに、ちょっとマニアックなものは今までどおり深夜に持っていけば、視聴者の幅は広がると思います。ゴールデンで獲得した視聴者が深夜も見るようになり、深夜の視聴者がゴールデンを見るようになれば、相乗効果で両時間帯の視聴率アップを狙えます」

 ただ、ゴールデンタイムでいくら面白い企画をやっても、強力な裏番組の牙城を崩すのはそう簡単ではない。この時間帯は『ザ!鉄腕!!DASH!』(日本テレビ系)が根強い人気を誇っており、同時間帯では視聴率トップを独走中だ。

 10月から始まるこの時間帯の新番組では、『日曜もアメトーーク!』以外にも、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が司会を務める『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)、古舘伊知郎が司会の『フルタチさん』(フジテレビ系)もある。熱心なファンが多い『モヤモヤさまぁーず2』(テレビ東京系)なども控えており、激しい視聴率争いが予想される。激戦区を『日曜もアメトーーク!』が勝ち抜くことはできるのか? ラリーさんはこう言う。

「裏番組との差別化がポイントです。たとえば、『クイズ☆スター名鑑』は、2012年まで放送されていた『クイズ☆タレント名鑑』のリニューアルです。この番組は、マニアックで攻めた企画をやっていて、ちょっとひねくれたお笑いファンに人気があったんです。

 たとえば、『芸能人!してる?してない?クイズ』では、“離婚してるかしてないか”とか、ちょっと意地悪なクイズが多数出題されます。ピー音が連発したり、ギリギリがおもしろいという番組でした。

 今回も『クイズ☆タレント名鑑』のテイストは変わらないと思うので、『日曜もアメトーーク!』はそれに対して、よりファミリー向けの、軽めのネタを持ってくることで、差別化できると思います。体を張った芸の他、『ドラえもん芸人』のような、子供やファミリー層に分かりやすいテーマも増えそうです」

 しかし、ここでちょっとした問題が。『クイズ☆スター名鑑』は、ロンドンブーツ1号2号、有吉弘行、おぎやはぎ、FUJIWARAを出演者に揃えている。『アメトーーク!』でも馴染みのメンバーだが、「裏かぶり」と言って、裏番組のレギュラーを呼ぶことはできないのはテレビ界の常識だ。ゲスト芸人のオファー合戦になる可能性もあり、『アメトーーク!』にとって痛手になりそうだが…。これについて、ラリーさんは「ゴールデン向きの芸人はほかにもたくさんいるので、それほど影響はない」という。

 2003年から、13年以上にわたって放送されてきた『アメトーーク!』。この番組で取り上げられた「雛壇芸人」「家電芸人」が流行語大賞にノミネートされたり、紹介された商品が品切れになるなど、社会現象も起こしてきた。テレビ界も熱視線を送る人気番組の日曜のゴールデン進出は果たして成功するのか注目だ。

【関連記事】
フジテレビ サンジャポとアメトーーク!裏番組に攻めの姿勢
フジテレビで『さんまのまんま』放送時間が頻繁に変わる理由
小林麻耶の報道番組大コケ以降ゴールデンでバラエティ激増 

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP