ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

純米大吟醸の「生酒」が、しぼったその日のうちに届く。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。それが、関東であればその日のうちに届くのだという。

Makuake」で紹介されているプロジェクトは、日本酒「酒々井の夜明け(しすいのよあけ)」を、11月第3木曜日の解禁日、午前0時からしぼり各地へ送る。

新鮮な「生の日本酒」を飲む!

生の日本酒には「生酒・生詰め・生貯蔵酒」と種類がある。なかでも、火入れという加熱処理を一切行わないのが“生酒”だ。菌を殺さないため風味の変化が早く、要冷蔵でなるべく早く飲むのが鉄則とされている。喉をくぐる感覚、鼻に抜ける香り、好みはあれど、ファンにとっては想像しただけでたまらない味だろう。

「酒の井伝説」の地で続く、
創業300年・老舗酒蔵の味。

「酒々井の夜明け」を作っている酒蔵は、千葉県印旛郡酒々井町にある。文字通り酒にまつわる伝説がある町だ。そこで江戸時代・元禄から300年以上続いている老舗が「飯沼本家」である。

毎年「今朝しぼり」という生酒を販売していたが、この度「酒々井の夜明け」に改名。より多くの人へ届けようとプロジェクトを発足した。

千葉県内のみで生産されるお米「ふさこがね」を贅沢に50%まで自社精米して醸した純米大吟醸酒を届ける。関東地区であれば当日中(11月12日土曜日)、その他の地域は、翌日または翌々日以降に届くという。関東でなくとも、新鮮な生酒を味わえるいい機会だ。詳細はコチラから確認できる。

「酒の井伝説」って?

酒々井町のホームページからその内容を紹介する。実物はもうないが、酒々井町にある「円福院神宮寺」の境内には、井戸があった。いまは記念碑が建てられている。そこでどんなことが起こったのか…、そんな話をするのも秋の夜長にはちょうどいいかもしれない。

大昔。印旛沼の近くに、老いた父親と孝行息子が暮らしていた。父親は酒好きで、息子は一生懸命働いては父のために酒を買っていた。あるとき、酒を買う金がつくれなかった日があった。息子は落ち込み、トボトボと家に向かって歩いた。

すると、道端の井戸の中からぷうんと酒の匂いが漂ってきた。水を汲んで舐めてみると、なんとそれは本物の酒だった。さっそく家に持ち帰り父に飲ませた。「こりゃうまい酒だ。ありがたい」とたいそう喜んだそうだ。

息子は、毎日この井戸から酒を汲み、父に飲ませた。しかし、不思議なことに親子以外の人が飲むと、ただの水なのだ。この話を聞いた人々は「きっと、孝行息子の真心が天に通じたに違いない」とほめたたえた。この酒の話が広まり、村はいつか「酒々井」と呼ばれるようになった。Reference:酒々井町Licensed material used with permission by Makuake

関連記事リンク(外部サイト)

職人も全員メガネ!「メガネ専用」の日本酒がSNSで話題に!
【インタビュー】新しい視点で切り開かれた「日本酒」の可能性って?
ワインみたいでワインじゃない。紫いもで作った「日本芋酒」ってなに?(日本初)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP