ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】ポーランド政府が世界遺産の登録名に抗議した理由 / アウシュビッツは正式名称ではない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第二次世界大戦の痕跡が現在も生々しく残る、ポーランド南部の“アウシュビッツ強制収容所”。この名前、実は正式名称ではないことをご存じでしょうか?

・政府が世界遺産の登録名に抗議した理由とは
「アウシュビッツ強制収容所」と日本では一般的に呼ばれますが、正式には「Muzeum Auschwitz-Birkenau」、現地の交通機関では「Oświęcim Museum」(オシフィエンチムミュージアム)と表記されます。「オシフィエンチム」とはこの遺構がある町の名前であり、ドイツ語名が「アウシュビッツ」となります。

ポーランド人は呼称に対して、たいへんセンシティブです。ユネスコ世界遺産の登録名についても、当初(1979年)の「アウシュビッツ強制収容所」という名称に対して、ポーランド政府はユネスコに変更を要請。それは、まるで“ポーランド人が造ったかのよう”な名称だからだったとか。そして2007年、登録名は「アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所」と変更されました。




・せめて発音の仕方は覚えておこう
交通機関の職員から一般の方も含めて、筆者が出会った現地人はみな「オシフィエンチム」と呼んでいました。もちろん国外で「アウシュビッツ」と呼ばれているのは周知されているので、現地人に「アウシュビッツ」と言えばたいてい通じます。

しかしこの遺構があるのは、言うまでもなく現在ナチス・ドイツのもとではなくポーランドの町なのだから、彼らが現地語で呼ぶのはごく自然なこと。アウシュビッツの見学を考えている方は、スペルはともかく「オシフィエンチム」という発音を覚えておくと、現地人とのコミュニケーションもスムーズですよ。

もっと詳しく読む: アウシュビッツは正式名称ではない / 見学前に知っておきたい最低限のこと(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/10/02/auschwitz-name/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP