ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「凛として時雨」サウンドの源は“あの国”だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。10月1日のオンエアでは、ロックバンド「凛として時雨」のヴォーカル、ギター、TKさんをゲストにお招きしました。

2002年に「凜として時雨」を結成し、2008年にメジャーデビュー。バンドの楽曲のほとんどで、作詞、作曲、さらにエンジニアを自ら担うTKさん。2011年からは「TK from 凛として時雨」名義でソロ活動もスタートしました。

そんなTKさんに、今まで行った中で「印象的な街」を聞いてみると、スコットランドのエディンバラと答えてくれました。

実は、お姉さんの留学先であるイギリスに初めて訪れたとき「初めて海外の居心地の悪さを経験した」とTKさん。それまで訪れた観光地やリゾート地である海外とは違い、閑散とした雰囲気のイギリスは滞在中、ずっと居心地が悪かったのだとか。

しかし、帰国して数カ月経つと、イギリスのあの雰囲気が忘れられなくなり「また行きたい」と思うようになったそうです。さらに当時は、「凜として時雨」を結成する直前だったこともあり、楽曲にもTKさんがイギリスで感じ取った空気感が影響しているとのこと。

葉加瀬:僕も実は北ヨーロッパの雰囲気が好きで、ロンドンにも10年以上住んでいたんだけど、「凛として時雨」の音を聴いてその雰囲気を感じましたね。ロスにあるようなウェルカムって感じを、イギリスって感じないでしょ? 秋や冬は本当にどんよりしてるよね。

TK:僕、初めて行ったのが冬だったんですよ(笑)。自分が試されている感じがあって、自然とインスピレーションが涌いてくる街っていうイメージがありますね。

中でも、お姉さんと共に旅行で行ったスコットランドのエディンバラは、特に感銘を受け、その後も何度も訪れているそうです。TKさんいわく、エディンバラは「コンパクトだけど感じるものが大きい」「景色に圧倒された」とのこと。

「凛として時雨」のあのサウンドの源が、遠く離れたイギリスにあったとは意外でしたね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURRENT」
放送日時:毎週土曜 19時ー19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP