ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIA、次世代SoC「Xavier」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIA が Drive PX 2 に搭載された Parker の後継となる “自動車用 AI スーパーコンピューター” SoC「Xavier」を発表しました。NVIDIA は 2 年ほど前から自動車向けの SoC に注力しており、Tegra X1 以降、スマートフォン・タブレット向けには SoC を発表していません。そんな中発表された Xavier は主に自動車向けの SoC で 1 秒間に 20 兆回のディープラーニング演算を実行可能で、Parker を 2 個搭載した Drive PX 2 よりも 1.3 倍の高い整数演算性能を発揮すると言われています。また、Drive PX 2 が 80W で行う処理を Xavier ではわずか 20W で実行できるとされています。CPU は ARMv8 ベースのカスタムコアを 8 基搭載しており、GPU には新しい Volta アーキテクチャーを採用した 512 個の CUDA コアを搭載。製造は TSMC 16nm FinFET プロセスを行われます。Xavier は 2017 年 Q4 頃に出荷される見込みです。Source : NVIDIA

■関連記事
Android Tips : Androidに溜まったダウンロードファイルを一括で削除する方法
どこでも吊るせる、“どんぐり”デザインの超かわいいEC Technology製Bluetoothスピーカーのレビュー
LG G6ではOLEDディスプレイやメタルボディ、磁気共鳴型ワイヤレス充電は非採用との噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP