ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピード違反の見逃しはサインさせるためのテク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スピード違反で捕まった体験談として「赤キップを見逃してもらった」話を聞いたことがあるでは? すなわち、本来は時速30kmオーバーのスピード違反のところ、時速29kmオーバーの青キップにしてもらったというものです。じつはこれ、温情かと思いきやうまくサインさせるテクニックでした。

スピード違反で温情をかけてもらう

スピード違反の中でも軽微なものは「反則行為」と呼ばれ、一定期間中に納付書に書かれた反則金を払えば済みます。このとき渡されるのが「交通反則告知書」。いわゆる青キップです。

一方、一般道で時速30km以上オーバー、高速道で時速40kmオーバーなどの重いスピード違反には、赤キップと呼ばれる「交通切符告知票」が渡されます。赤キップは、反則行為ではなく刑事罰として前科が付くもの。交通裁判所に呼び出され、裁判を行うのです。

このため、一般道で時速30km以上オーバーで本来は赤キップのところを、29kmオーバーの青キップとして見逃してもらったという話になるというわけ。このようにスピード違反で温情をかけてもらったという話は実際にあるのでしょうか?

スピード違反の見逃しはテクニック

元交通機動隊関係者はこういいます。「今はストップメーターがデジタル式になり、そういうことはありません。昔はアナログの針式だったので『右から見てみなさい』ということもありました」と話します。

「例えば法定速度60kmの一般道で時速90km出したスピード違反をギリギリ時速89kmにして青キップで取り締まることもありました。しかし、それは相手に得させた気にさせて素直にサインさせるため」というのです。

スピード違反の見逃しはあったといいますが、それはあくまで素直にサインに応じさせるため。温情かと思いきや、ゴネるドライバーをうまくいいくるめるためのテクニックなのでした。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP