ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偏差値と就職への有利さから探す!経済学部に定評のある大学とは?【ミニコラム】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

経済学部は、総合大学であればほとんどの大学に存在します。そのため、受験の際に選択肢が多くて迷ってしまうでしょう。そこで代表的な経済学部がある大学や、経済学部に特長がある大学など経済学部の選び方を紹介していきます。


経済学部を偏差値から比較する

まず、経済学部を探すときに自分がどの程度の大学を受けられるのか判断するために偏差値のチェックは欠かせません。スタディサプリのサイト内では、国立大学・私立大学別や地域別で大学・学部ごとの偏差値を調べられます。大学内でも学部によってレベルが違うため注意してください。例えば早稲田大学は、政治経済学部は人気があるため他学部と比べて偏差値が高くなります。他大学でも商学部や経営学部と比べて経済学部の方が偏差値は高い傾向にあります。

スタディサプリの大学情報検索はこちらhttps://studysapuri.jp/hensachi/

就職に強い大学は?経済学部の選び方

偏差値で自分に合った大学のレベルを確認できたらそれぞれの大学の特長も確認していきましょう。例えば、私立大学のなかで慶應義塾大学は経済学部の評判が高いです。伝統的な学問だけでなく、グローバル社会に合わせて英語で受ける経済学の授業もあり世界で戦える人材を育成しています。経済学部は広くビジネスや社会経済のことなど就職後に役立つ知識が多いため、法律や文学のように専門性は低いですが、就職活動でアピールしやすいです。

資格をアピールすれば就活で有利

将来経済学部での勉強は全般的に役立ちますが、さらに資格を取ることができると就職活動でさらに有利になります。専門性の高い公認会計士や税理士の資格を取ることができれば他の就活生より一歩進んだレベルで就職活動ができます。どちらの資格も大学時代に取得することができ、経済学部の学生に向いています。また、日商簿記も定番の資格です。経済学部が強い日本経済大学では、簿記公開講座など資格対策の講座が多数用意されています。日本経済大学の偏差値はそこまで高くありませんが、資格など就活に有利となる勉強をすることができます。

偏差値だけでなく広い視野で選ぼう!

多数ある経済学部の中には、資格取得支援などキャリアサポートに力を入れていたり、国際社会に通用するように英語で経済学を学べたりなどそれぞれの大学に特長があります。自分に合った大学を選ぶには偏差値だけでなく、複数の視点で判断することが重要です。


関連記事リンク(外部サイト)

やっぱり肺活量がスゴイ! 吹奏楽部のイメージ~その2~<高校生実態調査>
スタディサプリ一流講師が提案!残り時間をムダにしないセンター試験対策法!【岡本梨奈先生:古文漢文編】

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP