体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羊のように毛が伸び過ぎたワンコ、刈ったら毛の重量が約15キロ以上もあった

エンタメ
羊のように毛が伸び過ぎたワンコ、刈ったら毛の重量が約15キロ以上もあった

毛が伸びすぎた保護犬の毛を刈ったところ、毛の量だけで15キログラムほどあり、ルックスも激変したらしい。

米ヴァージニア州で犬の保護活動を行っているボランティア団体<ビッグ・フラッフィー・ドッグ・レスキュー>のスタッフが、毛が伸びて羊のように膨れている白色の犬、ラザロくんを救出した。

元飼い主が不治の病を患い、ラザロくんは6年ほど放置状態になってしまったようだ。ウンチでいっぱいの小屋で生活していたところを、ボランティアスタッフによって保護された。

スタッフがラザロくんの長く伸びた毛を刈ったところ、なんと毛の重量は35ポンド(約15キログラム)以上もあったとか。顔まわりを残してきれいに毛が刈られたラザロくんは、実はとてもスレンダーなボディの持ち主だった。

現在、ラザロくんは里親のアマンダ・ブルック・チャーシャ・リンゼイさんと暮らしており、一緒に車で出かける様子などが公開されている。今後は、同団体によって新しい飼い主が探される予定だ。ネット上では、

「可愛すぎる!」
「ラザロくんを助けてくれて感謝!」
「素晴らしい活動だ!」
「いい飼い主が見つかるといいね!」
「引き取りたい!」

と、さっそくラザロくんの未来を応援する声が寄せられている。

■フォトギャラリー
気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会