ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私の肌にはどちらがいいのか? 正しいクレンジングの選び方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メイク落としであるクレンジング剤も様々な種類が並んでいます。当然どれもお肌に良いことが書いてありますが、どれを選べば本当にお肌にやさしくしっかりメイクを落としてくれるのでしょうか? クレンジング剤は美肌作りの要ですが、大切なことは自分の肌に合うかどうかです。ここではクレンジングの基礎知識と選び方をご説明します。

クレンジング剤は何を使っていますか?

あなたは現在どのようなタイプのクレンジング剤を使っているでしょうか。オイル、リキッド、ミルク、ジェルなど、クレンジング剤と一言で言っても、こってりからサラッとしたものまで使用感も異なれば配合成分も異なります。クレンジングを選ぶ際に最も大切なことは、「メイクがよく落ちて肌にはやさしい」こと。メイクは油だからオイルのほうが落ちは良いですが、W洗顔が面倒な人はリキッドでサッと拭き取って済ませたいはずです。あるいはお肌がしっとりするからミルクやジェルが良いという人も。いったいどれが正しいのでしょうか。

クレンジングの基本成分は共通

基本的にメイクは油です。この油分を落とすためのものがクレンジング。普通の洗顔料のように皮脂などの汚れを落とすことを目的にしていません。そのため、オイル以外のクレンジングの基本成分は油性成分を溶かす力に優れた「界面活性剤」にあります。ノニオン界面活性剤といわれ、泡がほとんど立たず皮膚刺激が小さいという特徴があります。これに対しオイルクレンジングの主成分は「オイル」。しかし油で油は浮きますが皮膚の上に残ってしまいます。そこで浮いた油を流すための界面活性剤が必要になるのです。オイルクレンジングに含まれている界面活性剤はメイクを落とすためではなく、オイルを洗い流すためのものなんです。W洗顔が必要ないのはこのためで、界面活性剤を使っていないと謳っているのであれば、W洗顔が必要になります。

お肌にやさしいクレンジングとは

リキッドクレンジングはベースが「水」ですが、水ではメイクは落ちません。そのため界面活性剤を多く配合してメイクを落とします。良く落ちますが肌の負担が実は大きく、保湿剤を配合している製品が多いのはこのためです。オイルクレンジングはベースが「オイル」なのでメイクに馴染みやすいのですが、肌に油分が残りやすく、かといってW洗顔をすると必要な皮脂まで流してしまうことになります。現時点でいちばん肌にやさしくメイクが落ちるのは、アルガンオイルや米ぬか油など「酸化しない油」を使ったクレンジングです。油自体に抗酸化作用や保湿作用があり、メイクにもよく馴染むためきちんと落としてくれますよ。

クレンジングが合わないと、乾燥やニキビなど肌トラブルが多くなりますよね。毎日使うものだからコスパも大切ですし、自分の肌に合うものを見つけたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP