ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太田莉菜&加藤ミリヤ「女の28歳」語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

太田莉菜&加藤ミリヤ「女の28歳」語る
FMラジオ局・J-WAVEの開局記念日だった10月1日、特別番組「TUNE INTO THE FUTURE “1988”」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)が放送されました。J-WAVEが開局したのは1988年…ということで、J-WAVEと同じ1988年生まれである28歳、様々なジャンルで活躍する方々に1対1のトークセッションをしていただきました!

その中の一組が、シンガーソングライターの加藤ミリヤさんと、モデル・女優の太田莉菜さん。

自身も周りの友人も「この年齢(28歳)って仕事が乗ってきてるな」と感じているという加藤さん。しかし、あることについて「莉菜ちゃんに、同い年の女性として聞きたいことがある」と切り出しました。

「莉菜ちゃんはお母さんでもあるじゃないですか。私の周りの同い年の子に会ったときとか、最近結婚する子がめちゃくちゃ増えたりして…私も女だし『いつか自分の子どもを産みたい』というのはすごいあるんだけど、『じゃあ、いつなの?』っていうのを考える必要ってあるのかなって」(加藤さん)

早い年齢で母親になった太田さんですが、実際に太田さんの周りでも27歳くらいから“結婚”“出産”の話題になることが「こんなに!?」と思うほど増えたそう。このことについて太田さんの考えを明かしてくれました。

「悩みどころで、『仕事したい』ってことと『子ども産みたい』ってことと…両立させていくことの不安とか恐怖ってすごくあって。周りの協力もだし、例えば現実的にお金のこともあるし、果たして自分の時間を持ち続けられるのかとか」(太田さん)

そして「本当に人それぞれの状況だから何とも言えないんだけど」と前置きしながらも、「あんまり(時期を)意識してると…結局自分の人生の思い通りにいくことなんて、ほぼほぼないと思ってるから、プラン立ててもしょうがなくって『いけるときにいく』という勢いを大切にするのも大事なんじゃないかな。出会いもどこに何があるかわからないし」と率直な自分の考えを明かす太田さん。また、実際に仕事と子育ての両立をしてみて「できないことはないな、って子どもを産んですごく思った」とも続けてくれました。

さらに「そのときはすごく大変でバタバタするんだけど、順応していく力が人にはすごくあるから。悪いことではないし、幸せなことで、“幸せなことが巻き起こす大変なこと”は、人にとって絶対に嫌なものは残していかないと思う。そんなに気にし出すと一生何もできないってくらい、がんじがらめになるテーマなんだよね(笑)」と話す太田さんに「すごくそう思う…」と同意する加藤さんでした。

お互いに13歳という若い年齢で現在の仕事を始めた2人。それ故に「自分がまだ若いはずなのに、年を取っているような感覚」になることがあるそうです。

「物事のスタートが早いと、人との時間軸が違ったりしちゃって。停滞してる時期に、何かを始めた子がすごい勢いがあったりして『ちょっと待って、私やばいんじゃないかな』みたいに、時間の進み方で一時期焦りを生んだりとか」と具体的に当時の心境を明かす太田さん。

「今ようやく、28歳になって『関係ねえや』っていう気持ちになれてきた」と太田さんが続けると、大きく同調する加藤さん。そして「今日良かった…めちゃくちゃ良かったな…」とトークセッションを結ぶ加藤さんでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:特別番組「TUNE INTO THE FUTURE“1988”」
放送日時:10月1日21時ー23時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/special/1988/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。