ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【これはユニーク!】1000個の石にカラフルな顔を描いて街にバラ撒く!? パパと子供たちとの一大アートプロジェクトが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家族で作る楽しい図工の時間。これが、Zenzさん一家の場合はかなり大掛かりのようだ。なんと、1,000個という大量の石すべてにカラフルな顔を描いたのだ。

お父さんと子ども6人で取り組んだ一大アートプロジェクトは、それぞれベースカラーを選ぶところからスタート。お父さんは黄色、末っ子は赤、長男はブルーといった具合だ。7人は石を塗り、顔を描き続けること1年、ついに1,000個が完成した。

このプロジェクトの面白さは、実は石1,000個が500ペアになっているということ。形が違えど、同じ色で同じ顔をした石が2つ存在する。ペアの1つ、500個は全部集めてギャラリーで展示。ペアのもう1つ、残りの500個は街のあらゆるところに散らばって置かれている。このユニークな石を見つけた人が、ふと笑顔になればいいなというのが家族の考え。

実はこれ、ミシガン州で行なわれている大規模なアート展「ARTPRIZE」の出品作品。今年で8回目となるARTPRIZEは、一般投票で優秀作品を決める。最優秀賞に選ばれた作品には、賞金20万ドル(約2,000万円)というから驚きだ。現在投票期間中で、最優秀賞発表は10月7日。投票するには、開催地であるグランドラピッズの街を実際に訪れ、登録する必要あり。

Zenzさん一家、最優秀賞獲得で描いた石以上の笑顔になるか?!

https://youtu.be/y6j3JOXHFBo

■フォトギャラリー
気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】

【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122

■参照リンク
http://www.boredpanda.com/
http://www.artprize.org/63608

関連記事リンク(外部サイト)

世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
松岡修造かよ!俳優・シャイア・ラブーフが放送事故レベルにアツく叫びまくる動画が話題に
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP