ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾グルメがもっと好きになる!高雄のおすすめ夜市15選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:Masakatsu Umeda「台湾・高雄。屋台、スイーツ、海鮮料理、美食を求めて弾丸ツアー!」

こんにちは。Compathy MagazineライターのKumiです。
「あなたにとって旅行先の楽しみは何ですか?」そう問われたとき、「その土地ならではのグルメを堪能すること」と答える人は多いでしょう。
世界中の多くの国と同様、台湾にも魅力的な食べ物がたくさんあります。そんな台湾のグルメを気軽に楽しむことができるのが夜市。台湾を訪れる際にはぜひ訪れてみたい場所のひとつです。
今回は、台湾の中でも台北から新幹線で1時間40分ほどで行くことのできる、高雄の夜市を紹介いたします。

高雄のおすすめ夜市15選

Photo credit:Takashi Omura「台湾高雄ののんびり」

高雄には台湾で最大級とも言われる、凱旋国際夜市や金鑽夜市といったさまざまな夜市があります。高雄の夜市では数々の台湾グルメを味わうことができますが、特におすすめなのがシーフード。港町である高雄では、新鮮な海の幸を使用した料理が人気です。
今回は高雄のおすすめ夜市を15ヵ所紹介します。それぞれの夜市で楽しめるグルメについても紹介しているので、こちらも要チェックですよ!

1. 瑞豊夜市

Provided by

「瑞豊夜市」は、高雄MRT巨蛋(キョタン)駅より徒歩5分ほどの場所にある、地元の人たちに人気の夜市。食べ物だけでなく、地元民の生活に欠かせない衣料品やアクセサリー、生活雑貨など数多くの品物が揃っているのが特徴です。また金魚すくいや輪投げ、射的などが楽しめるゲームコーナーもあります。まるで日本の縁日のような雰囲気を感じることもできますね。
中でもぜひ挑戦してほしい日本ではあまり見かけない珍しいゲームが、風船の射的「射氣球」。壁に並べられた風船をBB弾が入ったおもちゃのピストルなどで撃つというもので、割った風船の数に応じて景品をもらえます。
また、台湾グルメを楽しむこともお忘れなく! 牡蠣のオムレツ「蚵仔煎」、冬の台湾を代表するフルーツ「蓮霧」、海鮮のたっぷり入った炒麺、鍋、日本風のお好み焼き「大阪焼」やたこ焼き「小丸子」など、台湾で愛されているグルメがそろっているのも瑞豊夜市の特徴のひとつです。
地元の人たちに混ざってゲームや台湾B級グルメを楽しみたい方は、ぜひ訪れてみたいスポットです。

瑞豊夜市
住所:Yucheng Rd, Zuoying District, Kaohsiung City, 台湾 813
電話:+886922382726
営業時間:17:00~翌1:00
定休日:月曜日、水曜日

2. 六合夜市

Photo credit:Sho「高雄弾丸旅」

「六合夜市」はガイドブックに必ずといって良いほど紹介されている、旅行者にも人気が高い夜市。もともとは空き地に小さな屋台が集まった小規模の夜市でしたが、小吃とよばれる軽食料理が人気を集め「大港埔夜市」に発展、その後規模を拡大し現在の六合夜市となりました。
こちらの夜市には、牛肉麺やマンゴーかき氷など定番の台湾B級グルメを扱う屋台が並びます。また港に近いこともあり、魚介類を扱った屋台も多いのが特徴です。
中でもぜひ食してみたいのが、石頭火鍋と海鮮粥。
石頭火鍋とは、石でできた大きな鍋に野菜や肉を入れて作る寄せ鍋のこと。鍋にたっぷり注がれたごま油の中に特製タレに漬け込んだ肉を入れ、火が通ったところで野菜を炒めスープを注ぎ込んで仕上げていきます。ごま油の香りが食欲をそそり、一度食べるとヤミつきになること間違い無しの一品です!
一方海鮮粥は、高雄周辺の海で獲れた新鮮な海の幸を使ったお粥です。ダシが効いた素朴な味のお粥は、旅先でついつい食べ過ぎて疲れている胃腸にもやさしい料理ですね。
またお酒好き、珍味好きな人におすすめしたいのが、魚の卵を塩漬けしたからすみ。高雄はからすみの産地として有名で、六合夜市でも真空パックに入ったお土産用のものから、店頭で食べ歩き用まで販売されています。台湾の物価から考えると決して安価とは言えませんが、お酒好き、珍味好きな人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

六合夜市
住所:Liuhe 2nd Rd, Xinxing District, Kaohsiung City, 台湾
電話:+88672856786
営業時間:18:00~翌2:00頃
定休日:年中無休

3. 自強夜市 (苓雅夜市)

Photo credit:hirotomo t via flickr cc

「自強夜市(苓雅夜市)」は、地元民の台所として親しまれ、さまざまな台湾グルメを味わえる観光スポットとして多くの人が訪れる夜市です。
中でも特に人気のお店が、魯肉飯の老舗として有名なレストラン「南豐魯肉飯」です。魯肉飯とは、台湾の調味料で煮込んだ豚肉を煮汁と一緒にご飯にかけた食べ物のこと。南豐魯肉飯では、ご飯の上に乗った特大サイズの豚角煮をいただくことができます。
自強夜市にはそのほかにも多くのグルメ店が展開しているので、じっくりと散策してみてはいかがでしょうか。

自強夜市 (苓雅夜市)
住所:13 號, No. 10, Bo’ai St, Hualien City, Hualien County, 台湾 970
営業時間:18:00~0:00
定休日:年中無休

4. 鳳山青年夜市 (鳳山夜市)

Photo credit:FloraTang via flickr cc

「鳳山青年夜市 (鳳山夜市)」は、テント張りの屋台が立ち並ぶ、ローカルな雰囲気満載の夜市。地元の人々も多く訪れる夜市で、食べ物以外にも、衣料品、アクセサリー、生活雑貨、ゲームコーナーなど様々な種類の屋台が並んでいるのが特徴です。
数ある台湾グルメの屋台の中で特におすすめしたいのが「阿Q凍圓」。こちらでは、台湾の冷たいスイーツゼリーを扱っています。ミルクの中に豆類やお芋で作られたお団子などが盛り付けられており、見た目も豪華な一品です。
鳳山青年夜市は高雄MRT大東駅から徒歩11分とアクセスも良いので、高雄を訪れる際にぜひ立ち寄ってみてください。

鳳山青年夜市 (鳳山夜市)
住所:Bo’ai Rd, Fengshan District, Kaohsiung City, 台湾 830
電話:+886938708180
営業時間:18:00~0:00
定休日:月曜日、火曜日、水曜日

5. 岡山(中山)夜市

Photo credit:Takako「台湾滞在日記〜高雄・台南〜」

「岡山(中山)夜市」は、夜市としては比較的道幅が広く人も多くないため、ゆったりと夜市をまわりたい方におすすめしたいスポットです。子供連れやベビーカーを押している方でも、安心して台湾グルメや買い物、ゲームを楽しむことができます。
岡山夜市では、台湾の定番グルメである葱油餅や臭豆腐をはじめ、イカ焼き、台湾ソーセージ、パパイヤミルクなど、様々な台湾グルメを味わうことができます。自分好みのグルメを見つけて、ぜひ実際に味わってみてはいかがでしょうか。

岡山(中山)夜市
住所:Gangshan District, Kaohsiung City, 台湾
営業時間:17:00~0:00
定休日:火曜日、水曜日、木曜日、日曜日

6. 凱旋夜市

Provided by

「凱旋夜市」は、2013年7月にオープンした新しい夜市。金鑽夜市と合わせて台湾最大級の夜市と言われています。
コオロギのから揚げである「炸蟋蟀」など少し変わった台湾グルメも並ぶ屋台の中で、特におすすめしたい料理のひとつが「窯烤雞腿」です。こちらはにんにくの効いたローストチキンで、現地の台湾人の間で人気となっている一品。袋にひとつずつ入れて売られているため、食べ歩きしやすいのも嬉しいポイントですね。
凱旋夜市は、最寄り駅であるKRT凱旋(ガイセン)駅から徒歩約10分というアクセスの良さに加え、2番出口から無料のシャトルバスが運行されています。観光客にとっては非常に訪れやすい夜市の1つと言えますね。

凱旋夜市
住所:No. 758, Kaixuan 4th Rd, Qianzhen District, Kaohsiung City, 台湾
電話:+88673106138
営業時間:17:00~翌2:00
定休日:火曜日、木曜日

7. 金鑽夜市

Photo credit:Chi-Hung Lin via flickr cc

「金鑽夜市」は、2013年7月にオープンした新しい夜市。金鑽夜市もまた凱旋夜市と同様に、広大な敷地面積を誇ります。
こちらの夜市では、大きなイカのから揚げ「酥大炸魷魚」、クレープのようなスイーツ「泰式香蕉煎餅」、魚のすり身を団子にして串に刺して焼いた料理など、スナック感覚で食べられるB級グルメの屋台が並んでいます。また座ってゆっくりと食事ができる、レストランのような屋台が並ぶエリアもありますよ。
金鑽夜市も凱旋夜市と同様、駅からのアクセスが非常に良いのが特徴。観光客の方もぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

金鑽夜市
住所:No. 788, Kaixuan 4th Rd, Qianzhen District, Kaohsiung City, 台湾
電話:+88678125188
営業時間:17:00~翌2:00
定休日:月曜日、水曜日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP