ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

反応イマイチ? 4000万曲無料の「Spotify」が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


聴き放題の音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」が9月29日、数年におよぶ準備期間を経て、ようやく日本でのサービスを開始。無料で4000万曲が聞けるサービスが、ネットで話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

2008年にスウェーデンでサービスを開始したSpotifyは、1億人以上のユーザーを持つ世界最大の音楽ストリーミングサービスだ。日本でも数年前から登録受付の先行予約が始まるなど、これまで何度となく「サービス開始」という情報が飛び交ってきたが、このほど、Spotifyの日本法人が正式に提供を始めるとアナウンス。数年越しでの“黒船来航”が実現した。

サービスは、無料の「Spotify free」と、月額980円の「Spotify Premium」という2つが用意されている。Spotify freeは無料で使える代わりに随時広告が流れ、スマートフォン版ではシャッフル再生のみなど、再生方法や再生時間に制限がある。一方のSpotify Premiumは広告が入らず、好きな楽曲を好きなだけ聴くことが可能で、ダウンロードした曲のオフライン再生や最高320kbpsの高音質再生もできる。

日本ではすでに、Appleの「Apple Music」、Googleの「Google Play Music」、LINEが提供する「LIME MUSIC」、サイバーエージェントとエイベックスによる「AWA」、楽天の「Rakuten Music」などの音楽ストリーミングサービスが続々と始まり、激しいユーザー獲得合戦を繰り広げている。そんななか、待ちに待った“世界最大手”の上陸に、ツイッターでは、

「Spotify日本上陸と聞いて秒速で申し込んだ」
「Spotifyきたああ!!!! どれほど待ったか、日本は遅いねん!!」
「spotifyが日本に上陸したという事で早速エントリーしてきた」

と、これを歓迎する声があがっている。一方で、

「spotify今更な感じ…Apple Musicで良いや」
「今さらSpotifyが日本上陸って言われてももう聴き放題サービスが幾つも始まってるから出遅れ感ハンパないよな」
「やっと日本でもSpotifyがサービスインなのか。長かったね。その間に、Apple MusicとかLINE Musicとか競合サービスが大量に立ち上がったりしてるからねぇ。厳しそうやの」

など、その“遅すぎる上陸”に対し、厳しい意見も寄せられている。

また、同サービスは招待制(メールアドレスを登録すると、利用コードが送られる)を導入しており、「招待枠」なるものが定められているもよう。枠は順次拡大していくというが、利用コードを知らせるメールの送信に時間がかかっているようで、

「Spotify 招待コードのメールはいつ届くの??」
「Spotify全然招待コード送ってこねぇ これ1週間ぐらい待たされるやつやな」
「つかspotifyの招待コード全く送られてこないんですけどぉ 四年待たせた挙句どんだけもったいぶるねん」

と、これまでも散々待たされた挙句、さらに待たされることにイライラする人も続出。満を持しての日本上陸だったが、両手を挙げて歓迎というには厳しい船出となったようだ。
(金子則男)

(R25編集部)

反応イマイチ? 4000万曲無料の「Spotify」が開始はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

SMAP年末番組 ファンによるお願いツイート活発
キャイ~ン×DEENで「KYADEEN」結成に困惑
宇多田ヒカルの新アルバム 久々にフラゲする人続出
サッカー「エアインタビュー」 他分野も?波紋広がる
世界に一つだけの花 影響与えた曲No.1でも寂しさ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP