体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

燃費No.1の軽を80万円台で!? 隠れ優等生の現行型アルトに今こそ注目を

▲8代目となる現行型アルト。隠れ優等生と呼びたい理由とは?

▲8代目となる現行型アルト。隠れ優等生と呼びたい理由とは?

突然ですが……

今、一番燃費の良い軽自動車を皆さんはご存じでしょうか? 2016年9月時点だと、トップ3はこんな顔ぶれ。

第1位:スズキ アルト(37.0km/L)

第2位:スズキ ラパン(35.6km/L)

第3位:ダイハツ ミライース(35.2km/L)

首位に君臨しているのは、スズキ アルト(現行型)です。「あ、そうなんだ」と思った方、意外といるんじゃないでしょうか。

例えば、カテゴリーは違えど燃費が良いモデルの代表格、トヨタ プリウスやアクア、ホンダ フィットハイブリッドなどは、その性能を全面にアピールしたCMやプロモーションを打ち出してきました。

その割に、アルトはあまり大きな声で言っていないというか……筆者が見ていないだけなのかもしれませんが……燃費が優れている車という主張は目立ってしてきていないように思います。(繰り返しますが筆者が見ていないだけかも)実に謙虚で、スズキらしいといえばスズキらしいのですが、筆者的にはもっと声を大にしてアピールしてほしい!

というのも、今、中古のアルトがより一層旨味を増してきているんです。

中古アルトの旨味とは

アルトの中古車価格と流通台数を記録したグラフをご覧ください。

▲2016年6月20日から9月15日までのモデル平均価格(折れ線グラフ)と流通台数(棒グラフ)

▲2016年6月20日から9月15日までのモデル平均価格(折れ線グラフ)と流通台数(棒グラフ)

今年8月あたりから一気に流通量が増えているのが分かります。現時点(2016年9月16日)でもカーセンサーnet上で1600台以上。これは、なかなか選べる量です。しかも、細かく見ていくとかなり美味しい物件があることに気がつきます。

先ほどのグラフだと、もともと新車価格が高めのアルトワークスも含んでいるため、全体の相場自体はそこまで下がっていませんが、最安値帯を確認すると60万円台。グレードごとに見ていくと、台数の増えているLグレードなどはすでに下降傾向にあり、平均でも80万円台。

繰り返しますが、燃費No.1の現行モデルです。それがこの価格で手に入るとなれば、筆者的には、なかなか魅力的だと思うわけです。

アルトの魅力

え? 燃費の話だけでは、それが魅力的な価格なのか判断できない? ……大変失礼しました。もちろん、アルトの魅力は燃費だけではありません。

ここではシンプルに3つの魅力をご紹介しましょう。

★その1、軽くなったのに丈夫

現行型は、プラットフォームが刷新され、剛性や静粛性、衝突性能、走行性能などを大幅に向上させたうえで軽量化を達成しています。信じられないかもしれませんが、軽くなって丈夫になってるんです。スゴい。

★その2、他にはないデザイン

ご覧いただければ分かると思うのですが、エクステリアがとにかくインパクト大! シンプルなのに、どこか無骨で、でも品格のあるプロポーションに仕上がっています。目力を感じさせるヘッドランプまわりは、特に印象的で他にないデザインです。カラーバリエーションも豊富で、ツートン含め10以上の色を用意しています。

▲こちらは、ピュアレッドのアルト。独特のプロポーションと目力です

▲こちらは、ピュアレッドのアルト。独特のプロポーションと目力です

★その3、装備が地味に実用的

なんと500ml紙パックも置けるフロントコンソールドリンクホルダー(5MT車を除く)や、カバンをかけられる助手席シートバックのショッピングフック(VPを除く)をはじめとして、豊富な収納スペースが備わっています。ありがたい!

いかがでしょうか。これにクラストップの燃費性能。筆者としては、頑張ってる感なしにテストでいい点数をとる「隠れ優等生」と称したくなってくる次第です。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。