体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「本気なら私を探し出して」お花見の夜、源氏のハートを盗んだ謎の美女~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-18

日本人の心の花といえばやっぱり桜。桜が特に人気になったのは平安時代からで、お花見も貴族の間でブームになったのが始まりと言われています。源氏20歳の春。お花見の夜、源氏のハートは謎の美女に盗まれます。

「酔った勢いでつい…」夜桜の下での一夜の過ち

うららかに晴れた気持ちのよいある日、宮中では桜の宴が催されました。帝の御座所の左右には、中宮となった藤壺の宮、源氏の兄の皇太子のお席があります。

(本来なら、あそこに座るのは私だった……)と恨みがましい弘徽殿女御。自分の息子が間もなく即位するとあっても、藤壺の宮の下座につくのは面白くありません。でもお花見を欠席するのも癪なので参加中。イベント好きなオバサマです。

漢詩のに続いて歌に舞と、華やかな催しが続きます。源氏は請われて青海波のアンコールを舞い、それに対抗して頭の中将が念入りに練習した舞を見せたり。大いに盛り上がったあと、宴は夜半にお開きになりました。

みな帰って静かになりましたが、源氏は月明かりの中、ほろ酔い気分でごきげん。「こんな時は気が緩んでるから、ワンちゃんあるかも」と藤壺の宮の御殿へ行ってみますが、厳重に戸締まりされていて、入り込むスキはなさそう。ガッカリ。

それでもウロウロしていると、弘徽殿女御の所の戸が開いています。今夜は彼女が帝のお側に上がったので、女房たちも少ない様子。「不用心だなあ、こういうことから間違いが起こるんだよな」と思いつつ、サッと侵入。発想が空き巣!

廊下にひそんでいると、とても若くきれいな声で「照りもせず曇りも果てぬ春の夜の 朧月夜に似るものぞなき」と口ずさみながら、こちらにくる女性が。源氏は(よっしゃ!)とばかりに捕まえます。

「あなた誰?何するの!」「これも前世からの縁ですよ」。源氏は彼女を抱き上げ、細殿(女房などにあてがわれる仕切りをした部屋)に連れ込みます。前世からの縁、便利すぎ。

「知らない人が…」彼女は怯えて助けを求めますが「わたしは誰からも許される人間ですよ。人を呼ばれてもどうってことない。おとなしくして」。この傲慢な言い方と声で、彼女はやっと相手が源氏だとわかりました。

誰かわかってちょっとホッとしたけど、頑なに拒んで、強情な女と思われるのもイヤ。全く無抵抗でもなく、でもあっさり許すというのでもなく。宴の余韻も手伝って、2人はそういうことになってしまいました。勢いでつい……という、今でもありそうな話ですね。

あっという間に夜明けが迫り、源氏は焦ります。「名前を教えてください。でないと連絡できない。まさかこれで終わりじゃないでしょう?」。

彼女は源氏以上に悩ましそうですが「名前を言わなきゃ探してくれないなんて、何だか本気じゃないみたい。どうしても逢いたいなら、探し出して下さるはずでしょう?」。鮮やかな切り返し。さすがに源氏も「これは失礼、言い損なった」。

どうも彼女には名乗りたくない事情があるらしい。
源氏はなんとか名前を聞き出そうとしますが、人が来る気配がしたので、「出会いの記念に」とお互いの扇をトレードし、急いでその場を去りました。

「ヒントは扇」彼女は一体誰なのか?

彼女の扇は、水に映った朧月の絵柄。上等なもので、身分の高い女性の愛用品とわかります。女房ではなく、弘徽殿女御の妹たちの誰からしい。源氏はこの人を『朧月夜』と呼びます。

弘徽殿女御は6人姉妹の長女。源氏の弟宮と結婚した方と、頭の中将と結婚した四の君が特に美人と評判です。「でも彼女は処女だった。人妻だったら却って面白かったのに」。ゲスいよ!

実家に残っているのは五の君と六の君。「どちらかだろうけど、六の君は皇太子妃にという話を聞いている。もしそうだと厄介だ。どうやって特定しよう?」もし六の君であれば、兄の結婚相手を婚前に奪ってしまったことになります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。