体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編

TABIZINEライターのsweetsholicです。快適な1日のスタートに欠かせない朝ごはん。世界の人たちはどのようなものを食べているのか、気になりませんか? 旅行の際にはぜひ味わってみたい、世界の朝ごはんをお届けします。

■あわせて読みたい
【気になる世界の朝ごはん】伝統的イギリス料理イングリッシュ・ブレックファスト
【気になる世界の朝ごはん】行列のできるビスケット屋。アメリカ・シアトル編
【気になる世界の朝ごはん】イタリア中部地方、トスカーナ編
【気になる世界の朝ごはん】朝食から甘いものが好き。フランス編
【気になる世界の朝ごはん】体に優しい朝食。パンの種類も豊富。スイス編

食文化はもちろんのこと、訪れる場所によっては、地元の人たちが話す言語まで異なるスペイン。このような背景もあるせいか、朝食も地域ごとに異なる模様です。バラエティー豊かな「スペインの朝ごはん」をご紹介します。

【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編

スペインでは朝食を2回とります

【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編
ユニークなのが、スペインには朝食が2回あるということ! 1回目の朝食は「デサユノ」、2回目の朝食は「アルムエルゾ」と呼ばれています。スペインでは地域ごとに朝食時に食べるものが異なりますが、1回目の朝食時には濃いめに淹れたコーヒーを同量の牛乳で割った「カフェ・コン・レチェ」を飲みながら、塩味系のものよりも甘いものをとる人が多いようです。2回目の朝食は11時頃に、カフェ・コン・レチェなどを飲みながらサンドイッチなどをつまみます。

カタルーニャ州の塩味系「パ・アム・トゥマカット」

【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編
バルセロナを州都に置くスペイン北東部のカタルーニャ州。こちらの地域では、スライスしたパンの表面にトマトをこすりつけてオリーブオイルをかけた、トマト風味のパンを朝食時によく食べます。カタルーニャ語で「パ・アム・トゥマカット」、スペイン語で「パン・コン・トマテ」と呼ばるメニューです。バルセロナ出身の友人の話では、これにチーズやハム、チョリソーなどを添えて食べることもあるそうですよ。南部のアンダルシア州のセビリアでも、このような朝食が定番だとか。

ラ・マンチャ地方の菓子パン

【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編
(C) espanaenlamesa.com

スペイン中央部のラ・マンチャ地方では甘いものが好まれる模様です。バターと卵たっぷりのブリオッシュ風の生地を揚げて作る「Tortillas de rodilla(トルティーヤ・デ・ロディーヤ)」、スポンジケーキの生地を小型の円盤状に焼き上げた「Tortas de alcázar(トルタ・デ・アルカザール)」など、スイーツ好きにはたまりません!

バレンシア州の甘いパン「ファルトンス」

【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編
スペイン北部のバレンシア州では、細長いコッペパンのような見た目の「Fartons(ファルトンス)」に粉砂糖と水で作るアイシングをかけた甘いパンを食べます。タイガーナッツと呼ばれる木の実と水、砂糖で作るバレンシアの飲み物「Horchata(オルチャータ)」を合わせることも。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy