ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体の中から若返る! 美容に良い鮭を使った和食&洋食メニュー3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋が旬! 鮭を使った和食&洋食メニューを紹介

暑さが和らぎ、少しずつ秋の訪れを感じるようになってきました。
待ちに待った食欲の秋の到来です!
秋が旬の食材というと、皆さんは何を思い浮かべますか?
野菜類なら、秋ナスやイモ、クリ、カボチャに、意外なところではチンゲン菜など。
キノコ類の多くも秋が旬ですね。
魚だと秋刀魚(さんま)、鯖(さば)、鰯(いわし)などの青魚のほか、戻り鰹などなど、どれも栄養豊富で美味しいものばかりです。
そんな美味しい秋の味覚から、今回は鮭をピックアップしてみたいと思います。
日本の一般家庭における魚の消費量で、トップと言われている鮭。スーパーでも年間を通して売られていますが、この時期の鮭=秋鮭は産卵のために養分を蓄えていて、旨味がたっぷりなんですよ。
今回は和食向けと洋食向けの一品をご紹介します。

 

具材を包んで焼くだけ♪ 簡単な鮭のホイル焼き

【材料】
・生鮭  1切れ
・お好みの野菜(キャベツ、玉ネギ、長ネギ、ニンジン、キノコ類など)
・スライスレモン 1枚
・塩(鮭の下味用 少々)
・バター 3~5g(お好みで)
・料理酒 小さじ1~2
【作り方】
①広げたアルミホイルにキャベツや玉ネギなどの野菜を敷き、下味をつけた鮭、レモン、バターの順に乗せる。
②料理酒を振り掛け、ホイルでくるむように包み、両端を閉じる。
③フライパンに乗せ蓋をして中火で4分、その後弱火にして4分で完成。
(包みを少し開けてみて、足りないようなら追加で加熱してください)
味付けはポン酢や、塩バター、味噌だれなどお好みに合わせてどうぞ。
ホイル焼き調理はDHAの流出も防ぎ、ビタミンCがアスタキサンチンの効果を増してくれます。具材を包んで焼くだけなので、簡単にメインの一品が完成してしまいますよ。

 

常備菜にオススメ! 鮭のテリーヌのレシピ

【材料】
・甘塩鮭 4切
・はんぺん
1枚
・卵白 2個分
・生クリーム 100cc
・タイムやディルなど 適宜
【作り方】
①全てミキサーにかけて、クッキングペーパーを敷いたテリーヌ型またはパウンド型に流し入れる。(お好みでアスパラや海老、枝豆など入れると断面が綺麗に。)
②上からアルミホイルをかぶせ、天板に水を張って ①をオーブンで 180 度 30 分蒸し焼きに。
③粗熱を取り、冷蔵庫でよく冷やして完成。
そのまま食べたり、お好みのソースを添えたり、パンにはさんで食べても。
冷蔵庫で数日は保存できるので、常備菜として、また、おもてなし用にも便利ですよ。
最後に、非加熱でパパッと作れる簡単メニューを紹介します。

 

見た目もおしゃれ! お手軽なスモークサーモンのパテ

【材料】
・スモークサーモン  100 g
・玉ネギ  20 g
・クリームチーズ  20 g(常温に戻す)
・生クリーム  20 g
・レモン汁 小さじ2
【作り方】
①スモークサーモンは包丁で細かくたたき、玉ネギはみじん切りにする。
②先ほどの①と残りの材料をすべて混ぜ合わせ、完成。
お好みでハーブ(ディル、タイム、バジル etc …)を加えると、より本格的な味わいになります。小さめの器にたっぷりと入れて、ナイフで平らにならすと、ちょっとおしゃれに見えますよ。クラッカーやバケットなどを添えてどうぞ。
鮭の切り身を選ぶ際には、鮮やかな色をしていて脂肪が白い筋状に入っていて、ドリップ(汁)のないものを。また、皮が銀色に光っているいるものを選ぶと良いです。良かったら参考にしてみてくださいね。

 

鮭の抗酸化作用パワーで、若返り効果が期待できちゃう!?

鮭は捨てるところがない魚と言われ、身だけでなく中骨や氷頭と呼ばれる頭の軟骨、尾、塩辛になる内臓、皮、卵、白子も美味しく食べられます。栄養価も高く優秀食材!
調理の際には、焼き過ぎて焦がしてしまうと、アスタキサンチンが損失してしまうので注意が必要です。おすすめ調理は蒸し焼きです。
鮭のカロリー(シロサケ)は 100g あたり 133kcal で、脂肪は 4.1g 。これは秋刀魚と比較すると約 1/6 の量です。ヘルシーですね。
鮭は消化・吸収の良いたんぱく質が豊富で、脂肪分も EPA(エイコサペンタエン酸)や DHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸が中心。EPA、DHAは血中コレステロールを抑えて血液の流れを良くし、動脈硬化や血栓、高血圧を予防すると言われています。
また、DHA は脳の細胞を活性化させ、ボケ予防や、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとも言われています。
その他、鮭はビタミンA(レチノール)、まとめて摂取すると効果的なビタミンB群をまんべんなく含み、ビタミンC、D、E、の他、様々なミネラル(カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、セレン、タウリンなど)を含むそうです。
また、鮭の身の赤い色の成分であるアスタキサンチンは、ビタミンE の数百倍と言われる高い抗酸化力を持ち、その抗酸化力の高さにより体全体を若返らせ、免疫力、自然治癒力を高めてくれる物質とのこと。紫外線によるお肌へのダメージを軽減するほか、メラニンの生成を抑制する働きもあるんだとか。美容にはもちろんのこと、これからの季節の風邪予防にも良いですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。