ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペルシャ帝国の栄光が感じられる!イランの旅行記まとめ 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回は中東の大国、イランを取り上げます。皆さんは「イラン」に対して、どのようなイメージを持っていますか? もしかすると「危険」というイメージがあるかもしれません。

しかしそんなことはありません! 現在のイランは安全でペルシャ帝国時代の文化を感じることができます。それでは旅行記を通じて、イランの魅力を見ていきましょう。

①イランのイメージを掴むなら、まずこの旅行記から!


イランのイメージを掴むなら、Tomoko Malaghanさんの旅行記をチェックしましょう。Tomoko Maglhanさんの旅行記は有名な観光スポットはもちろんのこと、人々の様子や食文化などをバランスよく、美しい写真を用いて解説しています。この旅行記を読むと、イランに興味を持つこと、間違いありません!

Tomoko Malaghan「イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

②イランの観光地といえばエスファハーン


イランの街といえば「テヘラン」が代表的だと思います。しかし、観光地としておもしろいのはエスファハーンのほうです。エスファハーンにはイスラーム美術の最高傑作と言われる「マスジェデ・エマーム」があります。Natsumi Daizenさんは「マスジェデ・エマーム」と人々の様子を美しい写真とイキイキした文章で伝えています。ぜひ、チェックしてみましょう。

Natsumi Daizen「危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

③ モスクのイメージが大きく変わる旅行記 


日本ではあまり馴染みのないモスク。もしかすると「地味」という印象を持っている方もいるでしょう。Yasutomo Fujiiさんの旅行記を見れば、そのような印象は吹き飛ぶはずです。華やかなモスクの写真の数々に圧倒されることでしょう。モスクだけでなく、イスラーム教の印象も変わるかもしれませんよ。

Yasutomo Fujii「死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

④ また違った雰囲気が感じられるイランの魅力 


最後にアツコさんの旅行記を見ておきましょう。アツコさんはヤズドを訪れました。テヘランやエスファハーンとは異なった街並みが広がります。そして、幻想的な砂漠が広がる景色もたまりませんね。ぜひ、今まで紹介したイランとは異なる雰囲気を味わってください。

アツコ「イラン ヤズド

イランへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP