体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「わたしを信じて!」というような関係になったら、その恋は終えたほうがいい

「わたしを信じて!」というような関係になったら、その恋は終えたほうがいい

「この人、私のことちゃんと信じてくれているのかな?」付き合っていれば、そんなギモンが頭をよぎることもあるでしょう。そんなとき、お互いに多少のことには目をつぶって関係を続けるべきなのでしょうか。

Elite Daily」の女性ライター、Anne Cohenさんの答えはいたってシンプル。「信じてほしい、なんて思うようになったら、その関係は終えたほうがいい」と。

01.
やっぱり
信頼関係がすべて!

「わたしを信じて!」というような関係になったら、その恋は終えたほうがいい

なにかミスをしたときは、つい嘘をついてしまいがち。たとえそれが小さな嘘だとしても、その事実があなたを不誠実な人間にしてしまいますし、嘘が露見したときはきっと信頼を失ってしまうでしょう。

逆に、あなたに嘘をつく人を信用してはいけません。最初の数回のデートで嘘をつかれてしまったら、もうデートはやめるべきでしょう。

02.
お互いに正直でいれば
相手のことがよくわかる

本当のことを言わないと、相手が何が好きでどんな人なのか、なかなかわかりません。「相手によく思われたい」という気持ちがあるのは自然なことですが、外見だけを見ていては、長く信頼し合える関係を築くことはできません。

つねに正直でいることで、相手がどんな人なのか、徐々にわかるようになってきます。

03.
相手の過去
すべてを知る必要はない

「わたしを信じて!」というような関係になったら、その恋は終えたほうがいい

元カレや元カノのことって、ついつい気になるもの。でも別れたということは、何かがうまくいかなかったということなんです。それが心の傷になっている可能性だってあります。

いずれにせよ、相手の過去について全てを知ることはできません。いま目の前にいる人を愛するのに、過去は関係ないのです。そこを追求していたずらに傷つけるのではなく「いま」を大切にすることが、信頼し合える関係への近道です。

04.
隠しごとは最初からしない

ちょっとしたことでも、ずっと隠し続けるのはなかなか骨が折れるもの。ある事実を隠そうとすれば、それに関することが矛盾しないように、さらに嘘をつかなくてはいけなくなります。時間が経つほど、どんどん嘘も大きくなっていってしまうのです。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言いますが、隠しごとだって同じです。知られたくないなと思うことでも、正直に言えば恥ずかしかったり気まずいのはそのときだけで済むかもしれません。でも嘘をついてしまうと、その後ろめたさから逃れ続けるのはけっこう大変です。

05.
自分の感じたことは
正直に言う

「わたしを信じて!」というような関係になったら、その恋は終えたほうがいい

「こんなこと言ったら、嫌われないかな?」。そう思って自分の気持ちを胸の奥にしまいたくなる気持ちもわかります。でも言葉にしない気持ちは、なかなか相手に気づいてもらえません。あなたがどう感じ、何が好きで何が嫌いなのか、いつまでもわかってもらえないままです。

たとえそれがネガティブなことでも、自分の感じたことは正直に言葉にしましょう。そうすれば相手もあなたのことを理解してくれるでしょう。

06.
自分の傷ついた心を
ちゃんと受け止める

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会