ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紙を必要としないペン「Phree」なら、あらゆる場所でメモが取れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるので、まずはそこから10秒だけ見てほしい。

なんとテーブルに向かってペンを走らせると、その内容がリアルタイムでスマホに反映されている。そう、これは

「世界を紙にするペン」だ

この「Phree」の先端には小さなレーザーセンサーが搭載されており、ペン先の動きをトラッキングする仕組み。Bluetoothで接続することで、iphoneやタブレット、PCの画面に表示させることができるのだ。

ソファや手の甲でもOK

テーブルでなくとも、ペンが走るならどこだってイイ。紙を必要とせず、場所だって選ばないからこそ、ふと耳にしたちょっとした情報や思い浮かんだアイデアをすぐに書き留めることができる。特別変わった形状でなく、普通のペンのように握りやすいのも特徴だろう。

価格は現時点で198ドル(約2万円)プラス送料。購入はこちら

シチュエーションの制約を受けない「Phree」なら、あなたの身の周りのすべてが紙になる。個人的には、街中を歩いてアイデアを探すようなクリエイターや、外で電話を受けることが多い営業マンにオススメしたい。Licensed material used with permission by OTM Technologies

関連記事リンク(外部サイト)

日常にあふれる色をスキャンして描くデジタルペン「CRONZY」は、モバイル世代の必須アイテム
インク切れの油性ペンを復活させる裏ワザ
ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP