ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の夜、出かけたくなる写真。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。『COLOR』 Photo by Marcin Baran.

写真は、ポーランドのフォトグラファー、Marcin Baranのもの。

「街や人を撮影していますが、ニューヨークやロンドン、東京に居る必要はありません。自分がいる場所でいいんです。シャッターを切るチャンスはどこにでも転がってるし、カメラはただのツールで、大事なのは自分の目ですからね」。

ほかに、こんな写真も。『Productive waiting』Photo by Skander Khlif.

写真を撮ったのは、ドイツのフォトグラファーSkander Khlif。

壊れた車のワイパーを直しておらず、大雨が降ったときに停車せざるを得なくなったのだとか。Licensed material used with permission by Marcin Baran Photography,skander khlif

関連記事リンク(外部サイト)

初めて「雨」に触れた赤ちゃん。リアクションが可愛すぎる・・・(動画あり)
こんなにきれいだったんだ・・・「梅雨」の魅力に気づかせてくれる写真9選
【夢占い】雨の夢が示す意味とは? 雨漏りする夢は家庭の危機・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP