体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢を引き寄せる「12のシンプルな習慣」

生活・趣味
夢を引き寄せる「12のシンプルな習慣」

どんなに大きい夢や達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる」「やるぞ」と信じるところがスタート地点です。でも現実は失敗ばかりで、くじけそうになることもあるでしょう。

そこで「Elite Daily」の記事から、夢を叶えるために、毎日ちょっとずつでも意識したい「12の習慣」を紹介します。大切なのは、幸せや成功を「引き寄せる」こと。そのために、今日からでもできることとは?

01.
とにかくポジティブに

夢を引き寄せる「12のシンプルな習慣」

最初は空元気だっていいんです。明るく笑顔で、毎日を過ごしてみよう。誰だってしかめっ面の人より、笑顔の人に話しかけたいもの。そんなところからチャンスが生まれるかもしれないでしょ?

02.
誰かのマネじゃなく
本当の自分でいる

ロールモデルを持つのはいいことですが、すべてが受け売りになってしまうのは考えものです。誰かが「いい」という夢やポリシーより、自分が「いい」って思うものを追いかけたいですよね。

03.
人にもモノにも
感謝の気持ちを

家族、友人、恋人、同僚、上司、親切にしてくれた見知らぬ人、家、仕事、食べ物、洋服…すべてが「当たり前」だと思ってしまってはいけません。

04.
ヒラメキを大切に
直感に従う

夢を引き寄せる「12のシンプルな習慣」

私たち人間にも、きっと動物的なカンがあるんです。うまく理由は説明できなくても「これをやるべき」って心から思うことがあるなら、思い切って挑戦してみよう。

05.
心強い応援団をつくる

本当に信頼できる人たちには、自分の夢をちゃんと語りましょう。行き詰まっているときや諦めてしまいそうなとき、きっと背中を押してくれるはずです。あれだけアツく語ったからには頑張らないと、とガッツも湧いてくるはず。

06.
「でも・ムリ・どうせ」は
言わない

言葉の力って、思っているよりもずっと大きいもの。ネガティブな発言を繰り返す人には、何かを任せたいとは思えません。せっかくのチャンスを逃さないように、さっそく今日から気をつけてみましょう。

07.
失敗の責任は自分でとる

夢を引き寄せる「12のシンプルな習慣」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会