ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京スカイツリーを撮り続けた「超高層ビルマニア」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スカイツリー定点観測所サイトの管理人・中谷幸司氏が自身の撮った写真や動画を説明してくれた

 2011年3月18日に「世界一の高さのタワー」に到達した東京スカイツリーが11月17日、「ギネス世界記録」に認定された。同日のニコニコ生放送では特番が放送され、スカイツリー定点観測所サイトの管理人である中谷幸司氏が出演し、スカイツリーに対する熱い想いや、撮影時のエピソード等を語ってくれた。

 東京スカイツリーは自立式電波塔で、都心部の高層ビル群よる電波障害の低減などを目的に、2008年7月から建設が開始された。2011年3月18日には「634メートル」に到達し、それまで世界一だった中国の広州タワー(600メートル)を追い抜いた。それを受け今月17日、ギネス認定式が行われた。

 東京スカイツリーを定点観測している中谷氏は、さまざまな場所から東京スカイツリーを含めた景色を撮った動画・写真を公開している。番組の冒頭、なぜ東京スカイツリーの定点観測をするようになったのか? と質問されると、高いところが大好きで超高層ビル”マニア”だという中谷氏は、「東京スカイツリーが自宅からもともと見える位置だったため、一から同じ地点で観測すれば面白いだろうと思って」と理由を述べた。

 中谷氏は”趣味”で、ヘリコプターやセスナ、そして飛行船からも空撮を行っており、司会の井上トシユキ氏が驚くと、「でも、知り合いは空撮を24、5回行っているので、その人に比べるとまだまだです」と返答。また東京工業大学から撮影した写真を紹介している時には、「東工大の学園祭の時期をチェックして、学園祭が行われた日にここぞとばかりに行きました」と熱く語っていた。

 そして中谷氏が撮った定点観測動画が流れると、工事が始まる前の何もない状態から、現在のスカイツリーの状態まで成長する姿が映り、視聴者からは、「すごい、もう一度見たい」と称賛の声(コメント)が多く上がった。中谷氏は2012年5月22日に予定されているスカイツリー開業後、絶対行くと言い、「眺めるのだけが楽しみ。食堂なんかどうでもいいので、あとは景色だけですね」と笑いながら話していた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]定点観測の動画からから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv71091061?po=news&ref=news#50:10
東京スカイツリー定点観測所
http://tokyo-sky-tree.seesaa.net/

(昌山達郎)

【関連記事】
東京スカイツリーマニアが標榜する「AKBプロジェクト」の全貌とは!?
71名全員「田中宏和」 ギネス世界記録に挑戦
今どきの人工衛星は、作付け中の「米の旨み」まで分かる
リクルート社が生んだ「グーグルキラー」新検索サービスに勝機はあるのか
携帯電話各社が狙う「黄金の周波数帯」と、「オークションの”考え方”」をめぐる議論

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。