ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高雄元祖の老舗も!高雄のおすすめ料理とグルメスポット26選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: トモテラ「バニラエアで台湾の高雄に行ってみた」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。 台湾南部に位置する高雄は、台湾第2の規模を誇る都市です。交通網が整備され、ショッピングビルや美しい街並みなど多くの観光スポットがあります。 そんな高雄は港町ということもあり、実は知る人ぞ知るグルメの街としても知られています。定番の台湾料理の老舗や、港で捕れた新鮮な魚介類を使用したB級グルメなど、幅広いジャンルの食を楽しむことができるエリアです。 今回は、高雄周辺のおすすめ料理とグルメスポットについて紹介します。

<高雄で食べたいおすすめの料理やドリンク>

小籠包

Photo credit: トモテラ「バニラエアで台湾の高雄に行ってみた」

台湾と行ったら中華料理の点心の1種、小籠包が有名ですね。小麦粉で作った皮に包まれた豚肉の肉汁がとってもジューシーな料理です。 高雄には小籠包を扱っているレストランがたくさんあります。また小籠包の老舗専門店もいくつかあるので、高雄に行ったらまずは小籠包を味わってみると良いでしょう。

牛肉麺

Photo credit: Naomi「台湾高雄の旅」

太めの麺の上に分厚い牛肉のチャーシューが乗った牛肉麺は、日本人には新鮮な料理でしょう。牛肉をふんだんに使用したボリューム満点の麺料理で、ガッツリ食べたい男性でもおいしくいただけます。 その見た目とは裏腹に、こってりしすぎていない味付けも特徴の1つ。脂っこい麺料理が苦手な方にもおすすめできるグルメです。

海鮮

Photo credit: トモテラ「バニラエアで台湾の高雄に行ってみた」

日本と同様に島国である台湾。なかでも海岸沿いに位置する港町の高雄は、海鮮料理を扱うレストランが多い街です。そのため魚やエビ、貝など、新鮮な魚介類を使った料理を味わうことができます。なかにはカニの食べ放題を提供しているお店もあるので、こちらも要チェックですね。

飲茶(ヤムチャ)

Provided by

飲茶(やむちゃ)とは、中国茶を飲みながら食べる点心のことで、台湾の飲茶も有名です。特に高雄の飲茶は実にバリエーション豊富で、エビをモチモチの皮で包んだ蝦仁腸粉や海老シュウマイなど海産物を使った飲茶が数多くあります。

餛飩麺(フントゥンミェン)

Photo credit: トモテラ「バニラエアで台湾の高雄に行ってみた」

餛飩麺はワンタンメンの一種で、白濁系のスープに肉汁たっぷりのワンタンとコシのある麺が入っている料理です。餛飩麺にはいくつかの種類があり、麺が見えないほど多くのワンタンが乗っかっていたり、汁なしのものもあります。

粥(かゆ)

Provided by

台湾の家庭料理として親しまれているお粥ですが、高雄の粥はお肉やエビなどの海鮮が入っているものもあります。柔らかな口当たりで食べやすく、また消化にも良いためどなたでも気軽に食べることができる料理です。夜市や「高雄清粥小菜」などの専門店で販売されているので、訪れる際はぜひ味わってみてください。

イカ焼き

Photo credit: pixabay

イカ焼きは、高雄の夜市や屋台で定番のB級グルメ。見た目は日本でもお馴染みですが、高雄ではよりこってりとした味つけが特徴的です。値段も非常にリーズナブルなので、気軽に楽しめる高雄グルメの1つと言えますね。

台湾啤酒

Photo credit: ahirutf via flickr cc

台湾啤酒は台湾で人気の高い地元ビールです。のどごしがあっさりしていて、ビールが苦手な方でも飲みやすいと評判であるそう。 販売元の台灣煙酒公司は、前進の会社も合わせると90年以上の歴史がある、台湾ビール業界の最大手。高雄でもコンビニ・レストラン・夜市の屋台など、あらゆる場所で販売されているので、ぜひ挑戦してみてください。 <高雄のおすすめのレストランとカフェ26選>

1. 紅陶上海湯包

Provided by

「紅陶上海湯包」は、小籠包が自慢のレストラン。こちらのお店の小籠包は、エビ入りのものなど種類が豊富であるのが特徴です。 日本人客も多く訪れるお店で、日本語を話せるスタッフの方もいます。初めて高雄を訪れる方でも安心して小籠包を味わうことができますね。

紅陶上海湯包
住所:高雄市前金区成功一路266號(漢來大飯店)10樓
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30
定休日:年中無休
電話番号:+88672161766
アクセス:高雄MRT「中央公園」駅から徒歩15分

2. 龍袍湯包

Provided by

「龍袍湯包」は、地元の方も多く訪れる庶民的なお店。小さな店内は常に多くの人で賑わい、名物の小籠包を楽しんでいます。 おすすめは看板メニューの、招牌籠包湯包。10個入り180元で、一口食べると肉汁が口の中いっぱいに広がります。餡は肉々しい味が特徴で、柔らかい皮との相性も抜群ですよ。

龍袍湯包
住所:高雄市前金区新田路375號
営業時間:12:00~21:00
定休日:年中無休
電話番号:+88672510562
アクセス:高雄MRT「中央公園」駅から徒歩20分
公式サイト:龍袍湯包

3. 永和小籠湯包

Photo credit: トモテラ「バニラエアで台湾の高雄に行ってみた」

「永和小籠湯包」は、高雄にある小籠包の老舗店。リーズナブルな値段にもかかわらず、サイズが大きく肉汁もたっぷり詰まった小籠包でボリュームも満点です。 またもう1つのおすすめである酸辣湯は、お酢と唐辛子の組み合わせたスープが絶妙な一品。小籠包と一緒にこちらも食べてみてください。

永和小籠湯包
住所:台湾高雄市鹽埕區鹽埕街33號
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休
電話番号:+88675213852
アクセス:高雄MRT「塩埕埔」駅出口2より徒歩1分

4. 港園牛肉麺館

Provided by

「港園牛肉麺館」は、数ある高雄の牛肉麺店の中でも特に多くの人が訪れる人気店。あっさりとしたスープに、分厚い牛肉チャーシューと麺が入った定番の牛肉麺を堪能できます。 ほかにも、牛肉拌麺(ニュウロウバンメン)と呼ばれる、汁なしの牛肉麺も人気を集めているのだとか。卓上にはニンニクや豆板醤などの調味料が用意されているので、自分好みの味付けを試してみるのも良いですね。

港園牛肉麺館
住所:高雄市鹽埕区大成街55號
営業時間:10:30~20:30
定休日:年中無休
電話番号:+88675613842
アクセス:高雄MRT「鹽埕埔」駅から徒歩5分

5. 興隆居

Provided by

「興隆居」は、高雄にある肉まんの専門店。1個60円と手頃な値段で、朝から多くの人が集まり行列をつくる高雄で有名な人気店です。 こちらの肉まんは薄めの皮とたっぷりの肉汁が特徴で、一口食べるとキャベツのシャキシャキとした食感を味わうことができます。テイクアウトもできるので、食べ歩きグルメにも最適ですね。

興隆居
住所:台湾高雄市六合二路184,186號
営業時間:3:30~11:00
電話番号:+88672616787
アクセス:「高雄」駅から徒歩3分
公式サイト:興隆居

6. 大園環鶏肉飯

大園環鶏肉飯は鶏肉を使った台湾料理がイチオシの料理店。ご飯に割いた鶏肉が乗ったシンプルな料理ながら、台湾の調味料の香りと柔らかい歯ごたえがヤミつきになる一品です。 こちらでは鶏肉とハマグリから出汁を取った蛤仔雞湯と呼ばれるスープも人気を集めています。日本では意外とないこの組み合わせ、ぜひ体験してみてください。

大園環鶏肉飯
住所:高雄市新興區中山横路1-1號
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休、旧正月
アクセス:「高尾」駅から徒歩10分

7. 鴨肉珍

Provided by

「鴨肉珍」は、鴨肉料理を扱うレストラン。格安でランチを提供するお店として地元の台湾人も多く通う人気店で、ご飯に鴨肉が乗った鴨肉飯を食べることができます。 鴨肉は、特製タレでじっくりと煮込んで味を染み込ませた一品。とろけるような口当たりと濃厚な調味料の香りが魅力です。お店を訪れる際は、看板が無く迷いやすいので注意しましょう。

鴨肉珍
住所:台湾高雄市鹽埕區新樂街231-2號
営業時間:10:00~23:00
定休日:月3回、不定
電話番号:+88675314630
アクセス:高雄MRT「西子灣」駅から徒歩15分

8. 旗津海産店

Photo credit: トモテラ「バニラエアで台湾の高雄に行ってみた」

「旗津海産店」は、高雄にある海鮮料理のレストランです。旗津は海に近いエリアとして漁業が盛んで、お店では新鮮な魚介類を使用した料理が手頃な値段で提供されています。 注文方法は、食べたい食材を選ぶと人数分調理してくれるという珍しいオーダー方式を採用しています。また日本語のメニューも用意されており、調理方法も指定できるので、好みの料理を食べることができますね。

旗津海産店
住所:台湾高雄市旗津区廟前路35號
営業時間:10:30~21:30
定休日:年中無休
電話番号:+88675718771
アクセス:高雄MRT「西子灣」駅からフェリーで約20分

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP