体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーロッパで大ヒット! 日本の郊外を走るにはオーリスが最善の選択という話

▲ヨーロッパで人気のオーリス。それにはちゃんと理由があった!

▲ヨーロッパで人気のオーリス。それにはちゃんと理由があった!

1日で見かけない日はないほど売れているプリウスですので、日本で走るならプリウスを買っておけば間違いないと思っていませんか? でも地域によってはそうではないんです! 最も売れている車だけあって、プリウスは日本の道路事情にマッチしたとても良い車です。しかし日本でも、地域によってはプリウスより良い選択肢があるんです。

ヨーロッパで大人気のオーリス! これが今回オススメしたい車です。

その理由は交通事情にあります。日本は交通量が多いうえに信号が多く、道も狭いので、停止している時間がとても長い。そのため、ストップアンドゴーが中心の運転になってしまうのです。これにより、車を快適に運転するためには、発進時のスムーズさが重要な要素となっています。そういった意味でプリウスは抜群にいい車なのです。

しかし、日本でもそんな場所ばかりではありません。郊外では農道や林道なども多く、止まっているよりも走っている時間が長いエリアもあり、その場合には走っているときの快適性がなによりも重要になってきます。その走行時の快適性で、オーリスは素晴らしい性能を発揮しているのです。

実は、これがヨーロッパでオーリスが大ヒットした理由です。

販売台数4位!オーリスは事実ヨーロッパで売れている!

事実、競合ひしめく欧州(ヨーロッパ)Cセグメントで販売台数4位(2014年度)を獲得し、2016年度には約14万台という販売台数を記録しました(日本では累計でも約10万台)。Cセグメントとは欧州を中心に使われている車両サイズの区分けで、大まかに全長で分けられ、短いものからA、B・・・Fセグメントと分類されます。

その中でオーリスが入るCセグメントは、小型セダンや中型ハッチバックが含まれ、ヨーロッパで最も人気のあるクラス。競合車種にはVWのゴルフがあり、そんな激戦区で、現地では輸入車にあたるトヨタ オーリスが4位となりました。

オーリスがヨーロッパで売れている理由

実績はさておき、なぜ日本ではお世辞にも大ヒットとは言えない車がヨーロッパで売れるのでしょうか? その理由は、車を同じ移動の手段としてとらえたとき、求める性能が違うから。その違いは道路事情からくるものが多くあります。

例えば交差点、日本では信号機が十字に並び自動車を停止させることで安全を確保しています。一方ヨーロッパでは、環状交差点、英語ではラウンドアバウトという信号機のない交差点が一般的。これは、止まらないことで安全を確保するという考え方に基づいています。

▲ヨーロッパで一般的な環状交差点(ラウンドアバウト)。写真はスペイン広場

▲ヨーロッパで一般的な環状交差点(ラウンドアバウト)。写真はスペイン広場

その他、高速道路にも違いがあります。日本では100kmが最高速度ですが、ヨーロッパでは130km、さらにドイツ、オーストリア、スイスにまたがるアウトバーンという高速道路では最高速度が無制限となっているのはあまりにも有名な話かもしれません。

こうした違いは、車に求める性能に違いを生み出しました。日本では、ストップアンドゴーの性能や燃費、静粛性などが重視され、ヨーロッパでは高速時の快適性や、ハンドリングの性能、長距離移動時の快適性などが重視されるようになりました。

トヨタがヨーロッパに進出するにあたり、こういった違いを徹底的に研究した結果生まれた車がオーリスなのです。トヨタの社長がことあるごとに言っている「もっといい車」は、文化や様式によって大きく違っていたのです。

足回りも良く、高速や長時間の運転も快適。車の大きさは現行型プリウスよりやや短い程度(全長で約25cm、全幅、全高はほぼ同じ)。さらに、オシャレな欧州車にまじっても見劣りしないデザインのオーリスは、トヨタの欧州市場戦略車となりました。

▲長時間乗ることも多いため、内装も上質で飽きのこないものが求められるのが欧州車の特徴
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。