ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余った「宅配ピザ」を翌日ちょっとアレンジして、劇的に美味しくする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宅配ビザを頼むと、どうしても数枚余ることがあります。熱々は美味しいんだけど、冷えてしまえばそれも半減。翌朝まで放ったらかしにしておくと、もうどうしようもないことに。そんな時、ぜひ試して欲しいのがこのアレンジ法。これ、ハマっちゃうかも。

禁断の仰天アレンジ
「ピザの天ぷら」がイケる!

そう、余ったピザに天ぷら粉をつけて揚げてしまうんです。文字通り「ピザの天ぷら」。これが、意外とバカにできないほど美味いんだからフシギ。

どうやら発祥はNYタイムズスクエアからほど近い場所にある、「sake bar Hagi」という和食居酒屋だそう。なんでも10年くらい前から看板メニューだそうで。“外サク中トロ”にハマる人も多いようですよ。

レシピもなにも、まあ天ぷらにするだけですけど。

(材料:作りやすい分量)

ピザ:4切れ
卵:1/2個
薄力粉:50g
水:60ml
揚げ油:適量

(作り方)

ボウルに卵をときほぐし、水、薄力粉を加えて混ぜたらピザをくぐらせます。170度に熱した揚げ油で、あとはカリッとするまで揚げる。お好みでケチャップや醤油をつけてどうぞ。

禁断のトランスフォームが新たな扉を開く、かも?

関連記事リンク(外部サイト)

もっちり×カリッ。余った焼きそばで作る「ピザ」の食感がたまらない!
目からウロコ!「ピザ」をいつもより多くカットする驚きの方法
食いしん坊必見!どこでもピザが食べられる「ピザ・ポーチ」が話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP