ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産後3ヶ月が今後を左右する!こころもからだも変化した産後の正しい過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫


産前産後と、ホルモンは劇的に変化します。こころもからだもついていけない…。ということもあるでしょう。マタニティーブルーのあとは産後ブルー、育児さえできなくなるほどの方もおられます。そんな時は家族のサポートがとても大切になってきます。またプロの手を借りるのもいいでしょう。一人で悩まずに、すぐに相談!ですね。そしてからだの変化も想像以上なんです。10ヶ月間守ってくれていた子宮のダメージも相当なものです。筋力はかなり低下してしまっています。無理をすれば内臓も下垂してしまい、とんでもないことになるのです。

こころのケア

産後急に涙もろくなったり、気持ちが不安定になったりすることがあります。これは劇的なホルモンの変化のせいなんです。ほんの少しのホルモンの上限でさえ不安定になるホルモン、大きく変化すれば影響がでないはずはありません。

特にエストロゲンとプロゲステロンは産後すぐは通常によりも激減していて、戻るまでに8週間程度かかると言われています。その間に様々な不定愁訴もでてくるのです。実は私自身も経験ありです。涙が急に止まらなくなり、どうしようもなかったと記憶しています。

とにかく人と話しましょう。話すという行為はとても大切なのです。

からだの変化

10ヶ月間、少しずつ増えていく体重。羊水、胎盤、赤ちゃん、すべて入れると約5キロ程度でしょうか。産後急に動き始めると、伸びきってしまった筋肉がもとに戻らなくなるばかりか、下垂してしまい大変なことになります。体型が崩れてしまう原因にもなります。

1、とにかく重いものは持たない
2、水仕事はしない
3、目は使わない

1ヶ月間、この3点だけは必ず守りましょう。

ラズベリーリーフティーを飲みましょう

ラズベリーリーフティーは、妊娠後期から産後数ヶ月の期間にオススメのハーブティーです。粘膜の保護、骨盤や子宮の緊張の緩和にもつながります。

産後3か月目からはエクササイズを

低下した筋肉をもとに戻すには、ある程度エクササイズが必要です。骨盤底筋の強化、また腹筋などのインナーマッスルも鍛えていくことをお勧めします。

ただし、骨盤はまだまだゆるい状態が続くので、片寄った運動をすることで骨盤がずれたまま、ということもあるので注意が必要です。

1年かけてからだの状態をもとに戻していくことが、無理がないやり方です。実は、産後ゆっくりと骨盤を整えると太りにくくなります。ただし、この間の動きすぎは骨盤の回復を下げて一生後悔するという事態にもなりえるということを忘れないでくださいね。

産後のご褒美にはアロマトリートメントを

タッチングと精油の作用で、こころとからだが緩みます。筋肉の緊張もやわらげ、こころの静けさも戻ってきます。大仕事を終えたママには、是非ご主人からご褒美トリートメントをプレゼントしてあげてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

後姿がおばちゃん化してない?後姿は“首筋ケア”が必須!
足りてないかも!冷えを改善するのに欠かせない、血液をつくる「3つの栄養素」
秒速で理想のバストへ!思考と姿勢をリセットして「愛される胸」を手に入れる
化粧品の成分一覧表ってどう見るの?美肌のヒントが隠された正しい読み方とは
美活に必須の「良質な睡眠」をGETする夜の習慣3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP