体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。

人間にとって自然とは、どうしようもないくらい脅威的で気まぐれなもの。でも、だからこそ感じられる魅力がある。恐怖と美はよく並べて語られる。この写真にも、そんなゾクッとするような瞬間が捉えられている。一部抜粋して紹介。

01.

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

■Overall Weather Photographer of the Year 受賞作品
『Tornado on show』
Photo by Tim Moxon

「今年のトルネードの中でも最高にフォトジェニックな1枚でした」。

02.

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

■1st Place 受賞作品
『Sprite lightning』
Photo by Ben Cherry

コスタリカの海岸から太平洋を撮影した作品。

03.

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

■2nd Place 受賞作品
『Clash of the Storms』
Photo by Camelia Czuchnicki

アメリカ・ニューメキシコで衝突したふたつの嵐。それぞれ大きく回転しており、ぶつかったことで荒れ狂う様子が捉えられている。曲線を描く雲のラインが崩れ、泡のように乱れる貴重なシーン。

04.

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

『Polar Stratospheric Clouds』
Photo by Alan Tough

「異常に気温が下がった北極成層圏の空気がイギリスまで伸びてきた。そうしてこの美しい雲が生まれたのだ。ただ、その表面で起こっている化学反応はオゾンを破壊している様子でもある」。

05.

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

『Mama Factory』
Photo by Stephen Lansdell

「1989年以来、嵐を追い続けて来た。ネブラスカで見たこの嵐は、力尽きるまでにその姿を次々と変えていった。これまで目撃したどんな光景よりも壮観で美しく、写真の喜びを感じた存在だった」。

06.

英・王立機関が選ぶ「天候の神秘を捉えた写真」19枚。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。