ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

深まる秋には家族でおでかけ!和歌山の「旬」をファミリーで満喫できるおすすめスポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の魅力を存分に感じることのできる和歌山ならではのおすすめスポットをご紹介!

家族みんなで楽しめる観光スポットやグルメスポットはもちろん、動物園や水族館、博物館などお子様だけでなく大人も一緒に楽しめちゃう♪

さあ、すぐに秋旅行の予定をチェックして、家族で楽しい旅へ出かけよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

アドベンチャーワールド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401cc3310040117/photo/

海と陸の動物約1400頭が自然のままに生きる姿を間近に見ることができる。放し飼いの動物を専用車や列車型のケニア号に乗り見物できるサファリワールド・海のパフォーマンスが楽しめるマリンワールド・小動物と遊べるエンジョイワールドのほか、ジェットコースターや大観覧車のあるプレイゾーンなどがある。

\口コミ ピックアップ/

パンダがすごく可愛くて、双子のパンダが特にかわいくてみとれてしまいました。イルカのショーも迫力があり、楽しかったです。見るところが沢山あって時間が足りませんでした。

(行った時期:2013年10月)

白浜に行ったのでついでで寄りましたが、割と空いてるし、園内も広いしでまったりとできました。子連れでもそこまで混んでいないので安心と思います。

(行った時期:2015年10月) アドベンチャーワールド

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町堅田

「アドベンチャーワールド」の詳細はこちら

白良浜

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401ab2050006901/photo/

鉛山湾に面した弓状白砂の浜で,白浜温泉の中心地。

\口コミ ピックアップ/

10月の白良浜は人も少なく、のんびり散歩するのに最適でした。

綺麗な砂浜に綺麗な海。

夕日が落ちる間際は特に素敵で、歳を重ねてもまたこの景色を見に来たいと思えました。

(行った時期:2015年10月)

和歌山といえば白浜ですが、本当に美しい海岸です。

透き通るような水質とともにどこまでも広がる青空は素晴らしいです。

10月だったので水には浸りませんでしたが、また違う季節にも訪れたいものです。

(行った時期:2015年10月) 白良浜

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町白浜

「白良浜」の詳細はこちら

とれとれ市場 南紀白浜

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000130022/photo/

\口コミ ピックアップ/

新鮮なお魚が、たくさんあって迷います。お土産屋さんもたくさんあって種類も多いので沢山買っちゃいました。バーベキューもできるらしいのでまた行きたいです。

(行った時期:2013年10月)

普段なかなか行けることのないようなThe・市場!という感じでマグロの解体ショーをやっていたり、海鮮丼が食べれたりと楽しかったです。

1歳の息子にはまだ市場の楽しみ方は早かったですが、大人は十分楽しめました!

(行った時期:2015年10月) とれとれ市場 南紀白浜

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521

「とれとれ市場 南紀白浜」の詳細はこちら

那智の大滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000172017/photo/

\口コミ ピックアップ/

滝はとても迫力があって、感動しました。

マイナスイオンをたくさんあびてリフレッシュできました。

また行きたいです。

(行った時期:2013年10月)

お参りに家族と行きました。荘厳な滝を背景にお参りするのはなかなか神秘的で、良い体験となりました。是非行ってみてください。

(行った時期:2011年10月) 那智の大滝

住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

「那智の大滝」の詳細はこちら

千畳敷

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401ab2070007555/photo/

千畳敷は、その名のとおり広い岩畳を思わせる大岩盤。 瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだしたスロープ状になった白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩からなる大岩盤で、打ち寄せる荒波に浸食され壮大な景観を創っています。太平洋に沈む夕日が美しい。

\口コミ ピックアップ/

景色がとてもよかったです。千畳敷を歩けるので少しだけ歩きました。気持ちよかったです。自然の迫力を感じました。駐車場もあります。お土産屋さんも、ありました。

(行った時期:2013年10月)

段差のある岩がいくつかあり歩けるのですがとても神秘的な雰囲気で、さらに夕日が沈むところも見れてとても絶景でした。

(行った時期:2015年10月) 千畳敷

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町千畳

「千畳敷」の詳細はこちら

太地町立くじらの博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30422cc3290030538/photo/

世界でも珍しい鯨専門の博物館。1階から3階までを吹き抜けにした中央に、体長15mものセミクジラの実物大模型と古式補鯨船の模型をつり下げ、その周囲の廻廊式展示室には、鯨の身体各部のホルマリン漬や剥製・捕鯨関係資料など1000点あまり。入江の天然プールとイルカのショープールもある。日本の捕鯨発祥の地として、現代までのおよそ400年の歴史を目の当たりにしながら興味深くひもとくことができる。

\口コミ ピックアップ/

何度か訪れていますが、何度訪れても新しい発見があります。

くじらの展示物がかなり多く、近くの小学生と思わしき子供が楽しそうに見ていました。

(行った時期:2015年10月)

ちょっと珍しい鯨の博物館です。色々展示物があったり、珍しい鯨のショーがあったり、小さい博物館ですが、見所たくさんで楽しかったです。

(行った時期:2013年10月) 太地町立くじらの博物館

住所/和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2

「太地町立くじらの博物館」の詳細はこちら

熊野本宮大社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30426ag2130013133/photo/

全国の「熊野神社」の総本山にあたる熊野本宮大社。三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社です。熊野参詣道のなかでも、多くの人々がたどった「中辺路」を歩くと、難行苦行の道のりを終え最初にたどり着くのが熊野本宮大社です。平成7年には社殿が国の重要文化財に指定されました。本殿へと続く158段の石段の両脇には幟がなびき、生い茂る杉木立が悠久の歴史を感じさせます。

\口コミ ピックアップ/

やはり熊野に来ると三宮行かないと気が済まないです。今回は朝一に攻めたので、人が少なく、気持ちがよかったです。家都美御子大神はスサノオを指しますが、ここはやさしさを感じますね。

(行った時期:2015年10月12日)

勝浦からかなりはなれているので、ちかくに宿をとりました。朝早く犬の散歩を兼ねて本宮に参拝しました。静かでいいところでした。階段は少しありますが、苦しいほどではなく、ゆっくり上がりました。近くに熊野古道があり、道はうっそうとしていい感じでたくさん写真を撮りました。

(行った時期:2015年10月7日) 熊野本宮大社

住所/和歌山県田辺市本宮町本宮1100

「熊野本宮大社」の詳細はこちら

白浜温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401cd2110077372/photo/

南紀を代表する古くからの名湯。ハマチ養殖のいかだが浮かぶ田辺湾や、白い砂浜の白良浜沿いにホテルや旅館が明るい海を背景に立ち並んでいる。太平洋に面した湯崎の突端、波に洗われる岩場に「崎の湯露天風呂」がある。天然の大きな岩くぼにたたえて湯煙を立てつづけるこの湯は、日本書紀・万葉集などにも登場する。潮騒を耳に、太平洋に沈む夕日を眺めながらの入浴は、まさに大尽気分。

このほか、奈良朝風のユニークな建物で、二つの泉質の異なる温泉を同時に楽しめる公衆浴場「牟婁の湯」や、「白良湯」、水着着用の露天風呂「しらすな」がある。

◎牟婁の湯、温泉街中心に立つ、太平洋に面した鉄筋2階建の、奈良朝風のユニークな建物。浴室は鉄平石張り。湯船はまん中で2つに仕切られ、重曹泉83度と、食塩泉75度の2種類の湯があふれている。湯はリューマチ・運動器障害・創傷・火傷・慢性湿疹・婦人病・更年期障害などに効く。/7:00~22:00/TEL(0739)43-0686

◎崎の湯、白浜温泉街の南、紀伊水道に小さく突き出した湯崎半島の先端近く。海に臨んだ荒磯の、天然の砂岩の窪みに湧き出した野趣満点の露天風呂。/8:00~18:00(4/1~6/30、9/1~/30) 7:00~19:00(7/1~8/31) 8:00~17:00(10/1~3/31)/水曜日休/TEL(0739)42-3016

\口コミ ピックアップ/

温泉が好きで、いろいろな温泉にでかけますが、白浜の湯は上位に入るくらい、いいお湯です。

まろやかな感じで、お風呂上りはもちろんツルツル。

ぜったいオススメです。

(行った時期:2015年10月)

とても気持ちいい温泉で、お風呂上がりは、すべすべでよかったです。

部屋に温泉がついてたのでゆっくり入れてよかったです。

(行った時期:2013年10月) 白浜温泉

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町

「白浜温泉」の詳細はこちら

橋杭岩

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30407ab2070007701/photo/

国の天然記念物。 串本から大島に向かって約850mの大小40あまりの奇岩が海上に並んでいます。弘法大師と天邪鬼が大島まで一晩で橋をかける競争をしたという伝説が残っています。5月から11月にかけて橋杭岩の間に朝日が昇り、その姿を写真に納めようと多くのカメラマンが訪れています。

\口コミ ピックアップ/

自然はすごいなと改めて思うことができます。

波の浸食によって大小さまざまな形の岩を見ることができます。

(行った時期:2015年10月)

年に数日行われる夜間ライトアップはそれはそれは幻想的な風景です。

近隣の白浜界隈に比べていまいちマイナー(?)な場所ですが、近くまできたなら足を運んでみてください

(行った時期:2015年10月) 橋杭岩

住所/和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1549番地8

「橋杭岩」の詳細はこちら

円月島

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401ab2050007121/photo/

南紀白浜のシンボルである臨海浦に浮かぶ南北130m、東西35mの小島。正式には「高島」という。島の中央に海蝕による円月形の穴が開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれている。日の沈む夕景の美しさは格別で、夕景の名所としても知られる。夏は6時30分頃、冬は4時30分頃。

\口コミ ピックアップ/

とても神秘的で素敵な島です。写真で見て一度行ってみたかったのでよかったです。ばっちり記念撮影も行いました。

(行った時期:2011年10月)

岩の間にきれいな円形の穴があいていて、神秘的でした。

夕日とのコラボがとても美しく素晴らしかったです。

(行った時期:2013年10月) 円月島

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町臨海

「円月島」の詳細はこちら

学んで、作って、味わえる!紀州梅干館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000130050/photo/

\口コミ ピックアップ/

梅干しについて学べる施設です。

梅干しの歴史などを学べますが、自分で作って食べることもできるので、楽しかったです。

(行った時期:2015年10月)

気さくな方ばかりなので、色々試食、試飲させてくれます。たぶん自分じゃなかなか買わないであろう高級梅干しも試食させてくれます。自分の家用には潰れ梅、お土産に高級梅干しを買いました。大きい1粒だけ、個包装で買いやすいです。

(行った時期:2015年11月) 学んで、作って、味わえる!紀州梅干館

住所/和歌山県日高郡みなべ町山内1339

「学んで、作って、味わえる!紀州梅干館」の詳細はこちら

白浜エネルギーランド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401cc3290030534/photo/

人と自然のエネルギーについて楽しく遊びながら学べるアミューズメントスポット。「映像体験」「健康体験」「不思議体験」に分かれた館内では人間の認識と錯覚、バランス感覚などを巧みに利用し異次元空間体験ができる、ミステリーゾーン、パラレルワールドなどがある。

\口コミ ピックアップ/

写真とりまくり。

並行感覚なくなります!

でも、めっちゃ盛り上って楽しかったです。

子どもが産まれる前に行ったのつど、今度は子どもたちも連れて行きたいです。

(行った時期:2011年10月)

いろんな科学など面白い目線で楽しめる工夫がいっぱいです!

子供は大喜びでした。

地味ですが楽しめますよ。

(行った時期:2013年10月) 白浜エネルギーランド

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町3083

「白浜エネルギーランド」の詳細はこちら

和歌山城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30201af2120008951/photo/

天正13年(1585)豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。徳川家康の第十男頼宣が入城して城郭の大改修を行ない、明治維新までの250年間徳川御三家の居城として偉容を誇り、その天守閣の華麗な姿は維新後においても、国宝に指定されていたが、惜しくも戦災により焼失した。現在の天守閣は、昭和33年再建されたものであるが、静水を湛える内堀や城郭を巡らす石垣は400年の歴史をそのままに伝えて居り、往時の隆盛を偲ばせるに充分な遺構である。国指定◎徳川頼宣(1602-1671)伏見生れ。紀州徳川家五十五万五千石の藩祖。徳川家康の第十子。南龍公という。◎徳川吉宗(1684-1751)和歌山生まれ。紀州五代藩主。紀州徳川家から将軍職を継ぐ。大岡忠相、青木昆陽らを用いて享保改革を行った。徳川幕府中興の祖。

\口コミ ピックアップ/

和歌山城も有名ですが、子連れには嬉しい動物園、鳥類園が無料で入れます。鹿やビーバー、うさぎ、ペンギン、リスザルなどなど、結構たくさんの種類がいて大人でも楽しめるし、ちょっとしたデートにもオススメです(^^)v

(行った時期:2015年10月)

徳川家康ゆかりのお城とは知りませんでした。天守閣に向かう道筋、どこかの一角にリスがたくさんいますので探してみてください。

(行った時期:2015年10月) 和歌山城

住所/和歌山県和歌山市一番丁3番地

「和歌山城」の詳細はこちら

黒潮市場

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_30201ga3550086310/photo/

マリーナシティにある黒潮市場で食材を選んで買ってやる「シーサイドバーべキュー」。準備が要らないのが良い。屋根もあるし家族で楽しめる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

海鮮系の料理は大体楽しめます。

バーベキューもできて、色々と準備してくれるので手ぶらでも利用できます。

マリーナシティ内にあるのでアクセスも良いのでおすすめな場所です。

(行った時期:2015年10月)

魚が新鮮で美味しいです。マグロの解体ショーが見れます。さばきたてのマグロが買えて食べれます。

材料を買ってバーベキューもできますよ。

(行った時期:2013年10月) 黒潮市場

住所/和歌山県和歌山市毛見1527和歌山マリーナシティ内

「黒潮市場」の詳細はこちら

わんぱく公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30202ah3332014240/photo/

阪和高速・艱難東インターのすぐそばにある緑と池に囲まれた自然豊かな公園で裏山感覚で自由に遊べます。わんぱく公園のシンボル、うずまき状の風の子館では、料理体験・工作体験等のイベントも随時行われている。

\口コミ ピックアップ/

我が家の子供が小さいころは、よく遊びに行きました。お散歩できるコースもあるし、遊具もあります。

雨が降っても室内で遊べるので、その点はとても便利でした。

お弁当を持ってきて、そこで食べている人も沢山います。

(行った時期:2011年10月)

裏山をイメージした公園で子供向けのいろんな遊具があります。室内で遊べるコーナーもあるので雨の日でも楽しめると思います。

(行った時期:2014年10月) わんぱく公園

住所/和歌山県海南市大野中1106

「わんぱく公園」の詳細はこちら

ポルトヨーロッパ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30201cc3540060286/photo/

中世のヨーロッパの港街を再現したテーマパーク。異国情緒と刺激的なアトラクションが体験できます。

\口コミ ピックアップ/

中世ヨーロッパの港町をイメージして作られた施設です。

マリーナシティの中にありますが、結構本格的でお金がかかってるなあと感じました。

(行った時期:2015年10月)

ヨーロッパの街並みがとてもよかったです。写真を撮ったりして海外に行った気分があじわえました。

乗り物などは小さい子向けかなぁっと思いました。

(行った時期:2013年10月) ポルトヨーロッパ

住所/和歌山県和歌山市毛見1527和歌山マリーナシティ内

「ポルトヨーロッパ」の詳細はこちら

和歌山マリーナシティ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30201cb3542036254/photo/

和歌山のおだやかな気候と美しい海岸線、恵まれた自然につつまれた人工島リゾート。地中海の港街をイメージしたテーマパーク ポルトヨーロッパ、国際級マリーナ、海釣り公園、天然温泉施設(天然紀州黒潮温泉)、リゾートホテルなど複数のエリアで構成され、多彩な施設が充実。

\口コミ ピックアップ/

色々な施設があり、飽きることなく何度行っても楽しめます。どの季節に行ってもいいと思います。

子供も喜ぶと思います。

(行った時期:2013年10月)

黒潮市場やポルトヨーロッパなど1日で色々回れて便利です。家族連れなどに良い感じ。

あまり期待してなかったので意外と楽しめました。

(行った時期:2015年10月14日) 和歌山マリーナシティ

住所/和歌山県和歌山市毛見1527

「和歌山マリーナシティ」の詳細はこちら

お城の動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30201cc3310040116/photo/

和歌山城にある和歌山公園内の動物園は、1915年(大正4年)4月7日に創立され、整備が開始されました。その後、1970年(昭和45年)5月5日に新しく童話園と水禽園からなる動物園としてリニューアルオープンされました。今も市民に人気の身近な動物園です。 童話園はペンギン・アメリカビーバー・サル・シカ・ポニー・エミューなどの哺乳類を中心に、水禽園はフラミンゴ・ペリカン・ツル・ハクチョウなどの水辺の鳥を中心に、合計33種107点の動物を飼育しています。(平成27年3月末現在)

\口コミ ピックアップ/

和歌山城内にある動物園です。

無料なので規模は小さいですが、楽しめます。

オウムがおしゃべりをしてくれて、雨だったのですが、楽しませてくれました。

(行った時期:2013年10月)

子供が小さいので、それほど広くなくて無理なく見てまわれました。動物との距離も近く、少々臭いの気になる箇所もありましたが、子供の初めての動物園にちょうど良かったと思います。

(行った時期:2015年10月) お城の動物園

住所/和歌山県和歌山市一番丁3

「お城の動物園」の詳細はこちら

高野山 金剛峯寺

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30344ag2130010978/photo/

高野山真言宗の総本山。壮大な玄関をもつ建物は文久3年(1863)の再建。主殿は東西三十間、南北三十五間の大建築で、大広間には狩野探幽の襖絵「松に群鶴」が、豊臣秀次自刃したという柳の間には狩野探斎による「雪柳白鷲」が描かれている。

\口コミ ピックアップ/

高野山へ行ったらここを拝観せずには帰れないでしょう。境内はとても広いですが、数々の襖絵と日本最大の石庭と言われている蟠龍庭(ばんりゅうてい)がやはり見どころでしょうか。大広間ではお茶とお菓子を頂けます。予約制で阿字観体験も出来ます。

(行った時期:2013年10月)

紅葉時期だったので、たくさんの観光客で賑わってました。金剛峯寺の中を拝観し、お茶菓子付きで、広間でゆっくり過ごしました。とてもいいお庭や部屋を見ることができ、良かったです。

(行った時期:2015年10月) 高野山 金剛峯寺

住所/和歌山県伊都郡高野町高野山132

「高野山 金剛峯寺」の詳細はこちら

京大白浜水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401cc3320040664/photo/

京都大学臨海実験所の水槽室を水族館として一般に公開している。250t級の大型水槽をはじめ、81の水槽にサメ・エイから白浜近海の魚類・海亀・淡水魚まで553種6600点が飼育・展示されている。エビ・カニ・ヒトデなど無脊椎動物の収集では日本一。

\口コミ ピックアップ/

和歌山の身近な魚が多く展示されている外にプールも自然のままゆっくり見て回れば面白い小学生中学生糖が観覧すれば参考になると思います

(行った時期:2015年10月)

テレビかなにかで穴場と紹介されていて、昨今の水族館よりかなりコンパクトですが、静かで、人も少なく、ゆっくり魚を鑑賞できます。京大の水族館だから?水槽の前になかなかくわしい習性や骨格などのファイルもおいてあったりして、小学生の頃の社会化見学を思いだして、興味深く読ませていただきました。

うわー!とはなりませんが、ほほぅとなる水族館です。(笑)

(行った時期:2015年10月26日) 京大白浜水族館

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町459

「京大白浜水族館」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

深まる秋には家族でおでかけ!奈良ならの「旬」をファミリーで満喫できるおすすめスポット20選!
深まる秋には家族でおでかけ!兵庫の「旬」をファミリーで満喫できるおすすめスポット20選!
深まる秋には家族でおでかけ!大阪の秋を家族で満喫できるおすすめスポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP