ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンコイン! 夜は焼肉屋さん、昼だけカレー屋さんのカレー!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、こんにちは。メシ通レポーターのsenaです。

今回は夜は焼肉屋さん、昼はカレー屋さんをしている、大阪・野江にある「権八」におじゃましてきました。

外にも、しっかり貼り出されています。

こんにちは~。

昔ながらの店内は、店長のお父さんひとりでお昼は営業しています。

「カレーお願いします~」

と注文すると、

「いっぱい食べられるか?」

とやさしいお父さん。

多め! していただけるのなら!!

やっぱり多めでも同じ値段なら、多く食べたいですよね。

注文して、ほとんどすぐに出てきました。

▲カレー (500円)

焼肉屋さんだけあって、お肉たっぷりでうれしい~。

これで500円です!

スパイシーさがありながら果実の甘さもあって、やっぱり懐かしい味。

おいしい!!

食べながら、お父さんに話をうかがいました。

――お昼にカレーを提供するようになったきっかけは?

「はじめは趣味みたいなもんや。夜忙しかったんが、飲酒運転がきつなって、それであんまり客足がのびんくなったから、小遣いでえへんなると思ってやったんが最初」

――なるほど、お小遣い稼ぎなんですね(笑)

「夜店してるし、昼閉めてるのももったいないやろ、ここの場所はずっとあるわけやから。ほんなら、カレーでもしよかな、おもて」

――そのカレーのこだわりは?

「カレーっていうのは香辛料の塊なわけやから。あといつも言うのは、オーケストラと一緒っていうことやな。調節していって、バランスのええところを見つけて、それを自分のものにしていくっていうだけ。いれたらあかんのはマヨネーズだけや」

お父さん、のってきました。

おもしろいです。

カレーをオーケストラに例えるとは、さすがです。

そんなお父さんの趣味は、ブログを更新することだそうです。

「500円で儲かんの? ってよう聞かれるけど、ようわからんな。でもまあ、さっきも言った通り、家賃も水道代も一緒やからな」

たしかに。

それにしても、

お父さんの話を聞きながら食べたカレーですが、

食べれば食べるほど体の奥の方があったかくなっていくような辛さです。

これはやみつきかもしれん。

――やはり、焼肉屋さんを夜やっているからならではの、このカレーですか?

「肉の問屋には、細かいのんが出たら、安う売ってっていつも言うて持ってきてもらってるな」

だからお肉がふんだんに使用できるわけですね!

ちなみに夜は「創作焼肉」で、「カスピ海ヨーグルトハラミ」や「赤ワイン仕立てのタン」、「ほっぺたの肉」、「ペッパーハツ」など、少し変わった焼肉屋さん。

ちなみに夜でもこちらのカレーは食べられるのですが、サイズは昼の方が断然大きいそうです。

今度は夜に、焼肉も食べにきたいです。

また、来ますお父さん!


お店情報

権八

住所:大阪府大阪市城東区中央3-10-15

電話番号:06-6933-9426

営業時間:11:30~13:00、17:00~24:00

定休日:月曜日

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:sena

大阪生まれ大阪育ち/もの書き/すきなもの/肉/アイス/わたがし/とうもろこし

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

まだ誰にも知られていない カウンター10席の居酒屋「おもてなし ときわ」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP