ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベル&ロスは買取が難しい?ベル&ロス腕時計買取事情まとめ

  • ガジェット通信を≫

世界のファッション業界を先導し続けているフランス。その経済も好調であった1991年という時代に、「アクセサリーの聖地」とも言われるパリにおいてベル&ロスは誕生しました。このような伝統と権威を持つベル&ロスの腕時計は、世界的にも多くのファンを魅了しており、その市場価値も下がることを知りません。

日本においても当然、買取価格は他のものに比べても、大きく期待できるものになっています。ぜひ、この機会に買取査定を試し、また新たな腕時計を購入するのも良いプランかも知れません。今回はそんなベル&ロスの腕時計買取に迫ります。

ベル&ロスとは?

出典:ベル&ロス公式

フランスで創業したベル&ロス。創業者のブルーノ・ベラミッシュおよびカルロス・ロシロというふたりは、「プロポーションはファクションにしたがう」という、フランス建築家の巨頭ル・コルビュジエの伝統にも則り、自らのエスプリ(哲学)を構築して腕時計のメーカー事業をスタートさせました。

腕時計メーカーとしてはまだ若いメーカーでありながら、独立後シャネルからのバックアップを受けるなど、その知名度と期待度は折り紙付き。一目見ると忘れられない独特な四角いフォルムなど、ファンを魅了してやみません。

ベル&ロスの腕時計の買取相場

ここでは、人気モデルをピックアップして、その買取価格相場をご紹介していきます。
※価格はすべて2016年9月30日時点です。

BELL&ROSS BR01シリーズ

航空計器を具現化した非常に特徴的なデザインであるBELL&ROSS BR01シリーズ。46ミリの大径ケースが特徴で、まさにベル&ロスの真骨頂といえるでしょう。ベル&ロスの腕時計の中でも特に人気が高いモデルです。

BR01-94 クロノグラフ買取価格160,000円
BR01-92 エアボーンⅡ買取価格230,000円
BR01-92 カーボン買取価格240,000円

BELL&ROSS BR03シリーズ

BR01をダウンサイジングした42ミリのケース径と優れたコストパフォーマンスが特徴のBELL&ROSS BR03シリーズ。BR01よりリーズナブルなのに買取価格には大きな差がないことからも、買取まで考えるとBR03のほうがお得かもしれません。

BR03-92買取価格145,000円
BR03-94 ファントムクロノ買取価格250,000円
BR03-94 ヘリテージ買取価格240,000円

その他モデル

ノスタルジックな佇まいを持たせつつ、メカニカルな質感を漂わせる、魅力的なデザインを持ったBR123も人気モデルの一つです。古き良き時代のヨーロッパを思わせるようなルックスから、やはり高価買取の期待できる品となっています。

BRWW1-96 グランドデイト買取価格160,000円
BRWW1-92 ミリタリー買取価格150,000円
BR123 スポーツヘリテージ買取価格100,000円

実は買取が難しい?ベル&ロスの買取事情

実は、ベル&ロスの腕時計は、他の高級腕時計に比べて買取が難しいと言われることもあるのです。それはなぜでしょうか?

歴史が浅い

まず一つに、ベル&ロスというブランド自体の歴史が浅いことがあげられます。歴史が浅いと買取相場も発展途上の状態になるので、ショップによって買取価格にバラツキが出てしまうのです。

コアなファン向け

またBR01シリーズなどの独特の外観をもつモデルは、コアな層が好む傾向にあります。ロレックスなどの超有名ブランドに比べてファンが多くなく、まだまだ「知る人ぞ知る」ブランドであるベル&ロスは、腕時計初心者には敷居が高め。言ってしまえば需要が少ないのです。

でもそれが武器になるかも

しかし逆に言えば、中古市場の流通の少なさは武器にもなります。ベル&ロスを取り扱っている腕時計買取店にとっては、なんとしてでも欲しい!と思うからです。そう思わせることができれば、買取価格にも期待ができるというわけです。

ベル&ロスを売る時の注意点


ベル&ロスに理解ある買取店を選ぶ!

ベル&ロスの腕時計を売るときに一番気を付けるべきは、買取店選びです。上記で挙げた点以外でも、ベル&ロス独特のつくりをしているからです。例えば、ベル&ロスの一部の腕時計に施されているカーボンコーティングは強度が高くなく、傷つきやすいという特徴があります。他の腕時計に比べて、外観に傷が付きやすいのです。

つまりベル&ロスに詳しくない買取店であれば、他の腕時計と比較して傷の多いベル&ロスを単純に減額査定してしまう危険性があるということです。このような外観的特長まで知ったうえでないと、適正な査定額は出せません。買取店を選ぶときは、ベル&ロスを強化買取しているようなところを積極的に選択しましょう。

オーバーホールはしなくて良し!

腕時計を買取に出す前に、オーバーホールしておいたほうが良いのかも?と迷うかもしれません。ベル&ロスに関しては、しなくても大丈夫です。ベル&ロスのオーバーホール料金は、だいたい4万~8万円ほどかかります。オーバーホールをしたとしても、買取価格にそれをペイできるだけの上乗せは期待できないからです。

まとめ

出典:ベル&ロス公式

いかがでしたか?ベル&ロスは、日本国内では2006年頃からマニアを中心に話題になってきました。大きな文字盤は今の腕時計トレンドの時流にもあっており、今後ますます人気が高まると予測されます。つまり、ベル&ロスの腕時計は今が売り時!ぜひ高価買取をねらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP