体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・ローリング・ストーンズ、ボーナス・ディスクを加えた15枚組豪華ボックス仕様MONO BOXを発売

ザ・ローリング・ストーンズ、ボーナス・ディスクを加えた15枚組豪華ボックス仕様MONO BOXを発売

1960年代に発表したオリジナル・アルバムのMONO音源に加え、アルバム未収録、レア・トラック等を収録した24曲入りボーナス・ディスク「ストレイ・キャッツ」を加えた15枚組豪華ボックス仕様の「ザ・ローリング・ストーンズ MONO BOX」が9月30日に発売された。

しかも、日本盤のみ7インチ紙ジャケット&SHM-CD仕様、日本初回盤LP帯をミニチュア再現した巻き帯等の特典付きとなっている。

商品内容がわかる開封動画

リリース情報

アルバム「ザ・ローリング・ストーンズ MONO BOX」(7インチ紙ジャケット仕様)
発売中
UICY-77710 34,560円(税込)

<収録内容>
・ストーンズ初の60年代全オリジナル作品MONO音源収録のボックス・セット。モノアルバムとしては初CD化及びステレオ盤とは異なるミックスによる楽曲も多数。
・ファン待望の、長らく入手困難だった英国盤ファーストとセカンド・アルバムが復活。
・アブコ・レコーズが承認したジャケット・アートワークを使用。日本盤のみ、通常のものより質量感とも魅力的な7インチ紙ジャケット仕様で発売。
・オリジナル・モノ・テープからボブ・ラドウィックとテリ・ランディによる2016年最新リマスタリング音源。日本盤のみSHM-CD仕様で発売。
・初CD化となる「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ(イタリア語ヴァージョン)」を始め、アルバム未収録、レア・トラックも含む24曲入りボーナス・ディスク付。
・48ページの豪華仕様ブックレット+・英文解説の対訳/日本語解説/歌詞対訳付。
・日本盤のみ、日本初回盤LP帯をミニチュア再現した帯封入。
・完全生産限定作品。

<収録曲>
①ザ・ローリング・ストーンズ The Rolling Stones [1964年発表]
1. ルート66 – Route 66
2. 恋をしようよ – I Just Want to Make Love to You
3.オネスト・アイ・ドゥ – Honest I Do
4.モナ – Mona
5.ナウ・アイヴ・ゴット・ア・ウィットネス – Now I’ve Got a Witness (Like Uncle Phil And Uncle Gene)
6.リトル・バイ・リトル – Little by Little
7.キング・ビー – I’m a King Bee
8.かわいいキャロル – Carol
9.テル・ミー – Tell Me
10.キャン・アイ・ゲット・ウィットネス – Can I Get a Witness
11.ユー・キャン・メイク・イット・イフ・ユー・トライ – You Can Make It If You Try
12.ウォーキング・ザ・ドッグ – Walking The Dog

②12 X 5 12 X 5 [1964年発表]
1.アラウンド・アンド・アラウンド – Around And Around
2.コンフェッシン・ザ・ブルース – Confessin’ The Blues
3.エンプティー・ハート – Empty Heart
4.タイム・イズ・オン・マイ・サイド – Time Is On My Side
5.グッド・タイムズ、バッド・タイムズ – Good Times, Bad Times
6.イッツ・オール・オーヴァー・ナウ – It’s All Over Now
7.南ミシガン通り2120 – 2120 South Michigan Avenue
8.なぎさのボードウォーク – Under The Boardwalk
9.コングラチュレーション – Congratulations
10.グロウン・アップ・ロング – Grown Up Wrong
11.イフ・ユー・ニード・ミー – If You Need Me
12.スージーQ – Susie Q

③ザ・ローリング・ストーンズNo.2
The Rolling Stones No.2 [1965年発表] ※初CD化
1.エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ – Everybody Needs Somebody To Love
2.ダウン・ホーム・ガール – Down Home Girl
3.ユー・キャント・キャッチ・ミー – You Can’t Catch Me
4.タイム・イズ・オン・マイ・サイド – Time Is On My Side
5.ホワット・ア・シェイム – What A Shame
6.グロウン・アップ・ロング – Grown Up Wrong
7.ダウン・ザ・ロード・アピース – Down The Road Apiece
8.なぎさのボードウォーク – Under The Boardwalk
9.アイ・キャント・サティスファイド – I Can’t Be Satisfied
10.ペイン・イン・マイ・ハート – Pain In My Heart
11.オフ・ザ・フック – Off The Hook
12.スージーQ – Suzie-Q

④ザ・ローリング・ストーンズ・ナウ!  The Rolling Stones, Now!  [1965年発表] ※初CD化
1.エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ – Everybody Needs Somebody To Love
2.ダウン・ホーム・ガール – Down Home Girl
3.ユー・キャント・キャッチ・ミー – You Can’t Catch Me
4.ハート・オブ・ストーン – Heart Of Stone
5.ホワット・ア・シェイム – What A Shame
6.愛しのモナ – Mona (I Need You Baby)
7.ダウン・ザ・ロード・アピース – Down The Road Apiece
8.オフ・ザ・フック – Off The Hook
9.ペイン・イン・マイ・ハート – Pain In My Heart
10.オー・ベイビー – Oh Baby (We Got A Good Thing Goin’)
11.リトル・レッド・ルースター – Little Red Rooster
12.サプライズ、サプライズ – Surprise, Surprise

⑤アウト・オブ・アワ・ヘッズ  Out Of Our Heads [1965年発表]
1.マーシー・マーシー – Mercy Mercy
2.ヒッチ・ハイク – Hitch Hike
3.ラスト・タイム – The Last Time
4.ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ – That’s How Strong My Love Is
5.グッド・タイムス – Good Times
6.アイム・オールライト – I’m All Right
7.サティスファクション – Satisfaction
8.クライ・トゥ・ミー – Cry To Me
9.ウエスト・コーストの宣伝屋 – The Under Assistant West Coast Promotion Man
10.プレイ・ウィズ・ファイア – Play With Fire
11.クモとハエ – The Spider And The Fly
12.ワン・モア・トライ – One More Try

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。