体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シンガポール】日本人在住者に大人気の穴場スポット「デンプシー・ヒル」

生活・趣味

高層ビルやショッピングモールが林立するシンガポール。南国ながら、市内は東京都心部さながらの雰囲気です。そんな都会の喧騒を離れて、緑溢れる中で食事や散歩を楽しめるのが「デンプシー・ヒル(Dempsey Hill)」と呼ばれるエリア。現地在住の日本人にも人気の高い穴場スポットです。

日本人在住者にも大人気! ヨーロッパ風の穴場スポット「デンプシー・ヒル」

イギリスと深い関わりのある「デンプシー・ヒル」

今も昔も、草木生い茂るデンプシー。その昔はナツメグプランテーションの一部だったそうで、ヨーロッパ郊外を思わせる穏やかな雰囲気が魅力です。今でこそオシャレなエリアとして知られていますが、実はこんな歴史が隠されていました。

日本人在住者にも大人気! ヨーロッパ風の穴場スポット「デンプシー・ヒル」
長いことイギリスの植民地支配下にあったシンガポール。デンプシーエリアは1860年にイギリス政府の手に渡り、兵士たちの居住地として使われることになりました。その後、第二次世界大戦中の日本軍の占領を経て、1945年には再びイギリスの元へ。終戦後はシンガポールで暮らすイギリス兵たちの社交の場として賑わいを見せたと言います。数奇な運命を辿ったデンプシーですが、2007年にはレストランやアンティークショップ、アートギャラリーなどが立ち並ぶオシャレなスポット「デンプシー・ヒル」として生まれ変わりました。

■あわせて読みたい
驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」

驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」


【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
在住者イチオシのシンガポール土産〜ばらまき土産編〜

それでは早速、デンプシー・ヒルを散策してみましょう。

日本人在住者にも大人気! ヨーロッパ風の穴場スポット「デンプシー・ヒル」
入り口は「Dempsey Hill」の看板が目印です。市内から徒歩で訪れるには少し距離があるため、バスやタクシーを利用するのがおすすめ。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会