ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【シンガポール】日本人在住者に大人気の穴場スポット「デンプシー・ヒル」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高層ビルやショッピングモールが林立するシンガポール。南国ながら、市内は東京都心部さながらの雰囲気です。そんな都会の喧騒を離れて、緑溢れる中で食事や散歩を楽しめるのが「デンプシー・ヒル(Dempsey Hill)」と呼ばれるエリア。現地在住の日本人にも人気の高い穴場スポットです。

イギリスと深い関わりのある「デンプシー・ヒル」

今も昔も、草木生い茂るデンプシー。その昔はナツメグプランテーションの一部だったそうで、ヨーロッパ郊外を思わせる穏やかな雰囲気が魅力です。今でこそオシャレなエリアとして知られていますが、実はこんな歴史が隠されていました。


長いことイギリスの植民地支配下にあったシンガポール。デンプシーエリアは1860年にイギリス政府の手に渡り、兵士たちの居住地として使われることになりました。その後、第二次世界大戦中の日本軍の占領を経て、1945年には再びイギリスの元へ。終戦後はシンガポールで暮らすイギリス兵たちの社交の場として賑わいを見せたと言います。数奇な運命を辿ったデンプシーですが、2007年にはレストランやアンティークショップ、アートギャラリーなどが立ち並ぶオシャレなスポット「デンプシー・ヒル」として生まれ変わりました。

■あわせて読みたい
驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」

驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」


【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
在住者イチオシのシンガポール土産〜ばらまき土産編〜

それでは早速、デンプシー・ヒルを散策してみましょう。


入り口は「Dempsey Hill」の看板が目印です。市内から徒歩で訪れるには少し距離があるため、バスやタクシーを利用するのがおすすめ。


敷地内は40ヘクタールもあるので、お目当のレストランやカフェを探すのはちょっと大変です。敷地内にあるマップをチェックしながら散策をスタート!


シンガポール名物のチリクラブを筆頭にシーフード料理が味わえる「Jumbo Seafood」や「Long Beach」、フィッシュヘッドカレーなどシンガポールならではのインド料理が楽しめる「Samy’s Curry」、モダンチャイニーズ料理とカフェメニューに定評のある「Chopsuey Cafe」といったアジア料理のレストランから、メキシコ料理やヨーロッパ料理を提供するレストラン、アイスクリームショップにバーまで、豊富なラインナップ。オーストラリア発のカフェ「jones the grocer」は、気の利いたお土産探しにも最適です。


ヨーロッパやオセアニア、南アフリカ産のワインと美味しい料理がリーズナブルに楽しめる「The Wine Company」。ローカルフードとアジアンフュージョン、本格的な欧米料理が食べられる、なかなかユニークなレストランです。


手前から「チーズの盛り合わせ」「まぐろのたたき」「生ハムメロン」。The Wine Companyにて

料理もサービスも満足度の高い、イチオシのレストランです。開放感のあるテラス席で友人たちと、あるいはシックな店内で恋人とロマンチックな食事を楽しむのも良さそう。

ヨーロッパを訪れたかのような雰囲気が味わえるデンプシー・ヒル。誰を案内してもきっと喜ばれる、現地在住者オススメの素敵なスポットです。

■あわせて読みたい
驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」

驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」


【シンガポール】ビール飲み放題! タイガービール工場へ行ってみよう
在住者イチオシのシンガポール土産〜ばらまき土産編〜

[dempseyhill.com]
[All Photos by sweetsholic ]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP