ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

浦井健治、デビュー15周年を迎えたミュージカル界のプリンスが初ソロコンサートで5000人を魅了

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
浦井健治、デビュー15周年を迎えたミュージカル界のプリンスが初ソロコンサートで5000人を魅了

9月29日、東京国際フォーラム・ホールAにて、デビュー15周年を迎えたミュージカル界のプリンス・浦井健治が、初ソロコンサート「KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~ Wonderland ~」を開催した。

ホールが超満員となる5000人で溢れかえり、頭の中でイメージしながら聴いて欲しい“脳内コスプレ”と自身が表する、変幻自在の歌声に酔いしれた。先月リリースされた初・ソロアルバム「Wonderland」に含まれる楽曲など、アンコール楽曲3曲を含む合計27曲を熱唱。自身の作詞した「彼方へ」からしっとりとスタートしたライブは、再演も決まったミュージカル「王家の紋章」より「ファラオとして」へと続き、会場は一気に熱気に包まれた。

浦井は、「15年間を振り返りながらも、たった一夜のライブをみなさんとかけがえのない時間にしたい。楽しみましょう!」と声を高らかに、ゲストボーカルのAKANE LIVや照井裕隆、そしてダンサーの加賀谷真聡らと1曲1曲、バラードからアップテンポ、ダンサブルな楽曲まで歌い上げた。

アンコールでは、ライブのコンセプトにも掲げていた、おもちゃ箱をひっくり返したようなファンタジーな空間へと、会場全体が明るく煌めき、白い衣装へと着替えた浦井に、5000人のファンが一つになり、ライブは最高潮に。その後、来年2月上演予定のミュージカル「Big Fish」より初公開となる新曲「Stranger」を披露。また、昨年、人気を博したミュージカル「デスノート The Musical」の再演が決定した旨も発表され、ファンは歓喜に沸いた。全27曲を歌い終えた浦井は大きな拍手と共に、彼の今後の未来が輝くように、キラキラとした瞳と笑顔で深く礼をし、ステージを後にした。

セットリスト
M1. 彼方へ
「Wonderland」より
M2. ファラオとして 「王家の紋章」より
M3. デスノート
「デスノート The Musical」より
M4. 君住む街
「マイ・フェア・レディ」より
M5. 9人のお気に入り 「タイトル・オブ・ショウ」より
M6. 完璧な恋人
「シラノ」より
M7. If I Loved You
「回転木馬」より
M8. Closer Than Ever 「ボンベイドリームス」より
M9. Shakalaka Baby 「ボンベイドリームス」より
M10. One Night In Bankok 「CHESS THE MUSICAL」より
M11. The Arbiter
「CHESS THE MUSICAL」より
M12. どうやって伝えよう 「ロミオ&ジュリエット」より
M13. 宝塚BOYSメドレー 「宝塚BOYS」より
a すみれの花咲く頃  
b モン・パリ

M14. Tuxedo Versus 「美少女戦士セーラームーン」より
M15. シャルル・メドレー
a ジュヴ・ジュヴ 劇団☆新感線「ZIPANG PUNK ~五右衛門ロックⅢ」より
b 派手好きが世界を救う 劇団☆新感線「ZIPANG PUNK ~五右衛門ロックⅢ」より

M16. クウガ・メドレー
「仮面ライダークウガ」より
a 仮面ライダークウガ!  
b 青空になる

M17. ミッドナイト・レディオ 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」より
M18. The Day After That 「蜘蛛女のキス」より
M19. Anything For Him 「蜘蛛女のキス」より
M20. 闇が広がる
「エリザベート」より
M21. サラへ
「ダンス オブ ヴァンパイア」より
M22. いまは子どものままで 「二都物語」より
M23. ぼくわかしこくなりたい 「アルジャーノンに花束を」より
M24. The Journey Home 「ボンベイドリームス」より

<アンコール>
M25. Color Of Dream 「Wonderland」より
M26. Stranger 「Big Fish」より
M27. 今日のわたしに 「王家の紋章」より

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。