体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新タイガーマスク登場?】「タイガーマスクW」と「新日のタッグマッチ」何かが起こる!?

昭和のスポ根アニメとして大人気だった「タイガーマスク」が、東映アニメ-ション創立60周年記念として10月1日帰ってくる。

 

タイトルは「タイガーマスクW」


動画 www.youtube.com/embed/PW9B34IXKuo

http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/

 

2人のタイガーマスク

今回はタイガーマスクが2人、だからW(ダブル)。

【タイガーマスク/東ナオト】【タイガー・ザ・ダーク/藤井タクマ】

二人は親友だが、所属していたジパングプロレスを悪徳団体GWMに潰され復讐を誓う。ナオトはプロレス界の裏で暗躍する“虎の穴”打倒を目指し、タクマは虎の穴へ入り内部からの崩壊を試みる

 

__というあらまし。やっぱ“虎の穴”は存在するんだ、これがなきゃタイガーマスクじゃないわ(笑)

 

ヒーローを2人に

光のタイガーと闇のタイガーとあるように、ヒーローは2タイプ。

レスラーに様々なスタイルがあるように、視聴者に好きな方を選ばせようという意図があるのかもしれない。そんなところも面白そう。

 

悪徳団体GWMに復讐する…という大目的があって物語は進行するらしいが、その裏には友情とか絆とかのテーマもあるんじゃないかと思う。アニメって結構奥が深いから。

 

遡ること47年前

思い起こせば、最初に「タイガーマスク」がアニメ化されたのは1969年(昭和44年)のこと。

 

現代では放送禁止的な要素が多くもはや地上波では再放送できないだろうが、当時のプロレスは戦後日本復興の夢と希望を背負うように輝いていた。力道山亡き後、その使命をジャイアント馬場、アントニオ猪木が受け継ぐ形で奮闘。外国人レスラーと戦う姿に皆声援をおくっていた。プロレスはゴールデンで生中継され、視聴率は20%を超える人気だった。

 

プロレス人気絶頂の頃、漫画「タイガーマスク」はアニメ化され最高視聴率32%を記録するほど大人気となった。主人公・タイガーマスクの伊達直人は孤児院で育ち、ファイトマネーをその孤児院に寄付していた。

 

きっとそんなストーリーを知る世代の人からだろう、ランドセルなどを施設へ寄付する多くの伊達直人のニュースが毎年飛び込んでくる。この出来事だけでも作品の凄さが心に染みてくる。

 

復活! タイガーマスク

今回のアニメ復活は、プロレス人気が再燃している今だからこそともいえる。

旧作でも、馬場、猪木など、実在の人気レスラーが沢山登場したが、今回も新日本プロレスがバックアップし、人気レスラーがそのままリアルキャストとして登場する。

 

オカダ・カズチカ、棚橋弘至、真壁刀義、永田裕志、等

 

タイガーと戦ったり、タイガーとタックを組んで必殺技を繰り出したり、とイロイロ絡んで魅せてくれるだろう。となると、ドキドキすることがひとつある!

 

新タイガー誕生!?


昭和40年男 2015-01-10 発売号
Fujisan.co.jpより

 

生身の新タイガーマスク誕生があるか?

 

そもそも、新日マットに初代タイガーマスク(佐山サトル)が誕生したのは、1981年アニメ「タイガーマスク二世」の放送開始に伴ったタイアップ企画だった。この事実を知らない人は意外と多い。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会